集団攻撃の利用

集団攻撃の利用

ブラックネットワーク

集団攻撃の多くは悪意のある人為的ネットワークによって行われます。
つまり自分たちの目的を果たすための裏の人脈ですが、これを利用して特定のターゲットを攻撃するというものです。
このブラックネットワークの規模がどこまでかはわかりませんが、様々な分野に広がっていればどこに行っても何かしらの攻撃を受ける可能性があります。
組織全体が染まっている場合もありますが、多くの場合は内部の工作員だけが行っているようです。
このため窓口に伝えても中々特定にはいたらず、永続的に攻撃が繰り返される事になります。

ブラックビジネス

集団攻撃はブラックビジネスとして利用されている場合もあります。
ビジネス化されている場合は完全に組織犯罪であり、特定の目的を果たすための行為ではなく攻撃する事自体が目的となります。
このため被害者が様々な対応を行っても、多くの場合は攻撃が終わる事はなく永続的に続けられます。
こうしたブラックビジネスのネットワーク網は事前に様々な機関や企業に仲間を送り込んでいるため、その解決は容易ではありません。
また、こうした背景にはグレーゾーンの攻撃が多く、第三者が見てもわかりづらいため、証拠の確保が困難である事があるようです。

ブラックゲーム

特定のグループによるブラックゲームとして集団攻撃が行われるケースもあります。
特に最近のネットはソーシャルサービスなどを通じて様々なネットワークが形成されています。
その中にはこうした悪質行為に面白半分に参加する者も少なくないようです。

その他の集団攻撃の利用

その他にもいじめ、地上げ、リストラなど、様々な目的で集団攻撃が活用されているようです。
こうした行為が幅広く活用される理由には、証拠の確保が困難でありこれと言った対処法がない点にあります。

オンラインPC館
トップページ情報ブラック → 集団攻撃の利用