集団攻撃の手口

情報攻撃の手口

情報収集

集団攻撃においても情報収集は行われます。
ネット上に公開されているターゲットの情報や通信インフラを通じて通信情報を取得する場合もあります。
また、それらの情報を基にターゲットの個人情報や生活情報を把握し、より広範囲な攻撃に活用させて行きます。
情報収集

情報共有

特定の組織やグループで攻撃を行う場合は、ターゲットの情報を集団単位で把握する必要があります。
このためターゲットの情報を共有し、より連携力を高めて攻撃を行います。
こうなると狙われた方は誰もが自分の行動や情報を把握していると錯覚し、益々混乱する事になります。
こうした一種の包囲網によってターゲットの行動範囲を制圧し、締め出しを行うようです。


集団攻撃の手口

集団操作

これは様々な方法で特定の集団を操作し、自分たちが思うように動かすと言うものです。
主にソーシャル関連のネットワーク上で行われる行為ですが、個人が行う場合もあればグループが行う事もあります。
数の力は時として白を黒にするほどの力がありますが、その力を自分たちの目的を果たすために悪用するようです。
自分から社会を敵に回すような行為は誰もしないと思いますが、特定の社会から狙われたとしたらそれは集団犯罪になります。

集団工作

様々な情報からターゲットの生活や趣味などを把握し、人為的なネットワークを利用した攻撃を行う事ができるようです。
様々な分野に人脈があればそこの人員を利用する事で、ターゲットに対する情報攻撃が可能になると言われています。
主な工作内容としては情報操作や妨害工作などがあり、ターゲットの行動範囲を囲むようにして情報攻撃を行う事が可能です。

集団妨害

攻撃者の集団は自分たちのネットワーク網を活用し、ターゲットの生活を妨害する事もできます。
近隣、会社、学校、店、乗り物などのターゲットの活動範囲にいる仲間と協力し、ターゲットへの妨害行為を行います。
周りから見れば単なるいじめや嫌がらせ程度にしか見えませんが、ターゲットはやがて我慢しきれず正常な生活すらできなくさせるのが目的です。
特に仕事や勉強の妨害は死活問題となるため、非常に危険性の高い行為となります。
また、ターゲットの活動範囲内に仲間がいない場合は、後から潜入させるという手口を使ってとことん追い詰めるようです。

オンラインPC館
トップページ情報ブラック → 集団攻撃の手口