著作権情報

著作権情報

著作権に関する法律

著作権はJASRACをはじめとする著作権管理団体によって管理されています。
しかし、最近ではメディアの流通方法も変化しているため、従来の方法だけでは著作権を効果的に管理できない状態になっているようです。
現在ではこうした問題に対処するべく、様々な議論が行われています。
カナダ連邦最高裁、不正なWebサイトを全世界でブロックするようGoogleに命じることが可能との判断
米連邦地裁、フィクションに登場する店名は商標登録していなくても商標保護の対象になると判断
過去問のPDF化は「著作権法違反の恐れ」 指摘受け、旺文社が全データを削除 紙のまま保管へ
カルメン・マキさん、無断で「楽曲カバー」されたと激怒 歌手の許可も必要なのか?
権利者が見つからないTV番組の「ネット配信」後押し 二次利用の制度改正案とは?
デジタル市場は「法を守った者負け」でよいのか
解き方を教えて!「試験問題」をネットにアップしたら「著作権侵害」になる?
「ワンピース」のドル紙幣をネットで売って逮捕 なぜ「著作権法違反」なのか?
ハリー・ポッター「魔法学校」が中国に出現!? 映画のCGも「著作権」で守られる?
TPPによる著作権保護期間延長の危機に際して
公立学校の定期テスト「過去問」を「情報公開請求」 ネットで販売したら問題ある?
デジタル化された「絶版本」が図書館で読める!どんな「法改正」で実現したの?
DJが作る「ミックスCD」 さまざまな楽曲の「無断利用」は法的に問題ないの?
「手芸レシピ本」を見て作った「ハンドメイド作品」 有料で販売したら著作権侵害?
「パソコンも補償金の対象に」 著作権団体が提言する「新制度」の問題点とは?
「複製機能」を私的録音録画補償金の対象に、権利者団体が提言

著作権への取り組み

著作権に関する法改正なども行われていますが、市場は一向に回復していないようです。
すでに流通形態が変化しているため、従来通りの形で対応しようとしても難しいのかもしれません。
やはり今後はこうした新しい形に適した仕組み作りが必要になってきているようです。
その音楽は誰のものか? 音楽業界がようやくブロックチェーンで「連携」、ベータ版API提供
W3C、著作権管理技術EMEの標準化を決定。フリーソフトウェア財団などは反発
海賊版コンテンツが検索エンジンで上位にこないよう対処する反海賊版協定にGoogle・Microsoftが合意
ティム・バーナーズ=リーがHTML5世代のDRM技術「EME」の開発タイムラインの延長申請を却下
「著作権侵害サイト」への接続を強制遮断・・・政府が検討する「仕組み」の課題は?
日本政府、著作権侵害サイトの接続遮断(ブロッキング)を検討へ
ネット時代に必要な著作権の仕組みとは 文化庁、著作物の利用円滑化ニーズを公募
Googleは1年間で3億4500万件もの著作権侵害リンクを受理、日本からはDMM.comがトップ10入り
Google、著作権侵害対策を強化 “パイレーツアップデート”や新広告で
日本のCD販売が世界的なデジタル販売主流化の中で伸びる理由とは?
有料音楽配信サービスが世界的に好調、日本は依然低迷
著作権による保護は本を普及させず逆に「消失」させている
違法DL罰則化 回復しない音楽売り上げが示すもの

違法ファイルの影響力

違法ファイルの存在は正規のコンテンツ販売に多大なダメージを与えるとされて来ましたが、実際にはあまり大きな影響はないようです。
ネットでの著作権侵害は、コンテンツ販売に悪影響を与えない? 隠されていた「不都合な真実」が明らかに
「オンライン海賊版はコンテンツ売上にネガティブな影響を与えない」という報告書が存在するが欧州委員会は発表せず放置

オンラインPC館
トップページ情報トラブル → 著作権情報