プログラミングの雑学です。

プログラミング環境

プログラミングの環境

プログラミングは高価なソフトが必要と言うわけではないので、PCさえあれば誰でも始める事ができます。
PCには開発環境や必要となるプログラムをインストールしますが、そのほとんどが無料で提供されています。
教材となる言語のマニュアルは本屋や図書館から専門書を入手するか、ネットにある情報を活用しても良いのでお金はさほどかかりません。
また、一人で学習していて困ったら、ネットのQ&Aサイトやフォーラムなどで質問する事もできます。

プログラムのテスト環境

自分が作成したプログラムをテストするための安全な環境も必要です。
これは不完全な知識で作成すると思わぬ不具合が発生し、端末にダメージを与える可能性があるためです。
サンドボックスソフト
仮想化ソフト

初級プログラミング

プログラミングの初歩

プログラミングができれば色々便利になる事は確かですが、実際に習得するのは非常に大変です。
そこで最初は簡単なbat、macro、HTML、CSS、JavaScriptなどから入ると、プログラミングがどう言ったものかが少しは理解できると思います。
これらはテキストをベースとした簡易言語とも言えるもので、コンパイル処理や専用の開発環境を必要としません。
いきなり本格的な言語を習得するよりもこうした身近なものから入る事で、段階的な技術力の習得が可能になります。
これらをある程度勉強してみて、さらに技術の幅を広げたいと思うなら、本格的なプログラミングに挑戦すると良いかもしれません。
Googleで1400万円以上稼ぐエンジニアになるためにマスターすべき11のスキル
初心者が学ぶのに最適な5つのプログラミング言語

プログラミングの用途

プログラミングはソフトやシステムを開発するために利用されますが、他にも様々な用途に使う事ができます。
PCで作業をする際に毎回同じ事を繰り返すのは面倒ですが、プログラミングができればそれらを自動化する事ができます。
また、ハードの知識もあるなら簡易装置が作れるので、物理的な作業を自動化する事も可能です。
元々規則性のある単純作業は人間がやるよりも機械が行った方が効果的なので、こうした用途に使うのはとても合理的です。

上級プログラミング

上級プログラミングへの道

優れたプログラマーは最初から効率的なコードを記述すると思います。
こうした部分には熟練したものが必要ですが、専門的な知識や情報を得る事でも上達は可能だと思われます。
また、新しい計算分野の発想や論理的思考も手助けになるかもしれません。
いずれにしても後から最適化や修正を行う手間を考えれば、最初から効果的なコードを書いた方が時間短縮になります。

  1. プログラミング要素:効率性、応用性、創造性など
  2. プログラミング言語:作成するプログラムに適した言語を使用する
  3. アルゴリズム:効率的なアルゴリズムを作成する
  4. プログラムコード:最短コードでプログラムを作成する、応用性のあるプログラムを作成する

優良プログラムの条件

以下は様々なプログラムを利用して感じた優良プログラムの共通点です。
基本的にはコマンドやポータブルへの対応、確認メッセージ設定、処理速度などのベースとなる機能や性能の充実です。
また、開発後の不具合対応や機能改善など積極的な開発姿勢はプラスになります。
やはり不具合放置はリスクが高く、致命的な脆弱性に繋がる可能性もあり、何よりも開発意欲の低さはユーザーにとって大きなマイナスとなります。
必ずしもこれらの条件が必須と言うわけではありませんが、これからソフト開発を行う人にとっては一つの基準になると思われます。

  1. 操作性:使いやすさ、わかりやすさ、見やすさ
  2. 利便性:コマンド処理、ポータブル化
  3. 速度性:高速起動、高速処理
  4. 機能性:単機能、高機能
  5. 対応性:最新OS対応(64ビット)、最新技術対応
  6. 信頼性:安定動作、デバッグ、セキュア、サポート
  7. 経済性:費用対効果
オンラインPC館
TOPページ情報スキル → プログラミング雑学