知識

知識の獲得

知識

知識だけで全てに対応する事は不可能だと思いますが、何をするにおいても基盤となるものです。
活用次第では大きな助けとなり、様々な分野に活かす事ができるかもしれません。
知識とは
情報知識学会
科学的に実証された、効率的に知識やスキルを身につけるコツ

判断力

専門家は長年専門的な知識を学び、現場でそれらを実践しています。
当然素人が少々勉強してもかなわないのが普通ですが、知識や技術は日々変化しています。
そうした分野にアンテナを張っている者なら、素人でも専門家顔負けの知識を持っている場合もあります。
特に現在のような情報を中心とした社会では、ネットを通じて未知の情報や論文を見る事もできます。
つまり専門家の意見と言うだけで鵜呑みにするのではなく、自分で判断する事が重要になります。

知識の種類

知識の種類

知識には狭く深い知識と広く浅い知識の2種類に分ける事ができます。
前者は特定の分野に長けた専門家に多く、後者は様々な情報に長けた知識人に多いようです。
人は限られた時間の中で知識を獲得するため、多くの場合このどちらかのタイプになります。
広く深い知識が理想ですが、さすがに全ての知識の獲得は人間には不可能だと思われます。

専門知識と多分野知識

研究開発を行う際の知識がいくらあっても、良い発想が思いつくとは限りません。
発想力は少なくとも多分野の知識が必要であり、そこから様々な組み合わせやアイデアを見つけ出す事が必要です。
開発者として優れた人物でもこの発想力はまた別の才能が必要なので、多分野の様々な知識や経験を豊富に得る事でそうした発想力も磨けるのではないかと思います。

知識の特性

知識の実践性

知識は本やネットでも学ぶ事はできますが、それだけで実現できるわけではありません。
人間の場合は知識だけで技能を身に着けるのは難しく、体験や経験によってその実践性が磨かれます。
スキルとは

知識の完全性

完全に近い知識があるなら経験がなくても最初から実現できると思います。
しかし、ここまで完全性の高い知識を最初から得るのは相当に難しく、人間であればかなり少ないと思います。
いくら専門知識があっても経験がないとダメと言われるのは、このあたりが関係していると思われます。

知識の応用

知識の活用

知識や情報は隠しがちですがいずれは古くなるもので、自分の知識としてだけでなく人との対話の中で利用する事もできます。
こうした交流での知識の活用は、知識の幅の広がりや修正と言ったメリットがあります。

議論の重要性

人の意見や見解を知る事は様々な判断材料になります。
このために多くの優れた技術者たちは議論を交わし、有益な情報を獲得しています。
また、ネットにもこうした議論を交わせる場が存在しているので、効果的に活用できればスキルや知識の向上に繋がると思われます。
ディベートとは

オンラインPC館
トップページ情報スキル → 知識