フリーランストラブル対策

フリーランスのトラブル情報

フリーランスのトラブル情報

フリーランスのトラブル情報です。
「下請法の理解が現場に浸透していない」下請けいじめ最多5980件、その背景とは?
フリーランスに「朝8時出社」「社会奉仕活動」を指示…偽装請負の法的問題
企業が個人事業主・フリーランスからマイナンバーを取得する基準は?<法人編>
前職の「顧客データ」使って営業した会社員が逮捕された!「名刺」持ち出しは大丈夫?
クラウドソーシングでトラブル ボツになった「ウェブデザイン」が無断で使われた?
安倍政権が推進する「テレワーク」 労働者の権利は守られるか?
フリーランスは消費税を請求しますか?

フリーランスのトラブル対策情報

フリーランスのトラブル対策情報です。
「クライアントからの無理難題は断れ!」 元電通コピーライター・前田さん
フリーランスで働く人は「下請法」で守られている おさえておくべきポイントとは?
Web系フリーランスをモンスタークライアントから守る契約書

マッチングサイト情報

マッチングサイトに関する情報です。
クラウドワークスで月収20万超え、わずか111名。働き方革命の未来はどこにある?
「メルマガ作成内職」に注意、内職を入り口にして費用を支払わせる手口
在宅ワーク 詐欺ばかりでみつかりません

取引トラブル

代金の不払い

フリーランスを行う上で誰もが注意すべきものが代金の不払いです。
大抵は契約内容に沿って取引が行われますが、業者によっては非常に悪質な取引方法を行う所もあるので注意してください。
特に多いのが仕事を依頼して完成したら難癖をつけて賃金を支払わずに済ませる業者です。
こうした危険もあるので新規で請け負う場合は、必ず契約書を交わすようにしてください。

不自然な取引条件

相場価格を無視して異常に安い料金で依頼を行う業者も数多く存在します。
安いと言っても相場の範囲内が普通ですが、明らかに異常に安いものや条件をわざとわかりづらくしている業者もいます。
本来フリーランスの単価や賃金は一般労働よりも高額である必要があるので、あまり条件の低い案件はやるべきではないと思います。

悪質業者

悪徳業者

応募者の情報を収集する業者も存在します。
マッチングサイトでは誰にも返信せずに終了している案件もありますが、こうした業者には注意してください。
また、仕事の依頼を条件に金銭の支払いを求められるような場合は絶対に支払わないでください。

丸投げ業者

業務内容を丸投げする業者も存在しますが、丸ごと請けてしまえば責任も全て自分にかかってくるので問題になる場合もあります。
しかも非常に安価な料金でこうした業務の依頼を行っているので注意してください。

悪質サイト

募集サイト

ネットで探すと企業がサイトで人材を募集している場合もありますが、名前も知らないような企業も多数存在します。
中には適当に作ったサイトもあり、単なる情報収集など目的が異なる場合もあります。
こうした募集サイトに応募する場合はまずメールフォームをチェックし、SSLが実装されていないならその程度の企業だと思った方が良いかもしれません。
しっかりとしたまともなサイトであれば、今時メールフォームすら暗号化しないような所はほとんどありません。

マッチングサイト

フリーランスがネットでよく利用するのがマッチングサイトですが、こうしたサイトにも注意が必要です。
マッチングサイトの多くは利用料が高い事で知られていますが、トラブルが起こってもよほどでなければ運営は対応しません。
数多くの利用者がいる有名なマッチングサイトですら、悪質な業者が多数存在する事を認識していながらまったく対応しない所もあります。

オンラインPC館
トップページ情報スキル → フリーランストラブル対策