クリエイタースキル

クリエイターマインド

実現性

頭で考えるだけでなく、すぐ行動に移して実行する事は非常に重要です。
面倒に感じると人は言い訳をして先延ばしにしがちですが、本来は考えが固まったらすぐに実行して結果を出す事が最も大きな経験となります。
こうした経験によって得られる知識や情報は、頭で考えたり人から得た情報とは異なるものです。
これができる人とできない人では、成長力に差ができて行くように思います。

可能性

一般的に年齢や経験などの壁でできないと思いがちですが、こう言う考え方ではできる事もできなくなります。
プログラミングに関してまったく知識のない高齢者の人が、突然アプリを開発したと言う実例もあります。
大事なのは人の意見や社会常識に囚われて、自己の可能性を失わない事なのかもしれません。
「100ドルをもらうか?コードを教わるか?」ホームレスがアプリ開発に成功した秘話
アプリ開発のド素人がトップを獲得!?

クリエイタースキル

スキル

クリエイターに必要な技術も他の技術と同じです。
専門的な知識を得て、練習を積み重ねれば誰でも習得できると思います。
ただし、スキルの幅広さや奥深いテクニックは、多くの作成経験や広い知識が必要となります。

吸収性

クリエイターにとってもう一つの大事なものが吸収性です。
幅広い分野の情報や技術を吸収し、自己の糧とする事でスキルをより高めて行く事ができます。

クリエイターセンス

センス

センスは技術と違って頭で学ぶべきものではありません。
センスは様々な経験によって作られた自身の感性であり、その感性を磨くためには体験によってより優れたものを心に感じさせる事が重要です。

心理的要素

センスに重要な要素として心理的要素があります。
例えば誰もが知っているテトリスは、誰がやっても癖になる面白さがあります。
また、PPAPの独特のリズム感なども癖になるようですが、こうした部分の感性を磨くのはかなり難しいように思います。
作った本人が意識しているかはわかりませんが、体験者が高い好感を持てる感覚を備えたものである事はわかります。
こうした心理的要素が学べれば、作品作りにも大いに活かす事ができると思われます。

クリエイターエボルブ

品質

作品の品質を判断するのに役立つのが、第三者からの評価です。
ただし、評価が悪くても落ち込む必要はなく、初期段階で大事なのはとにかく「作る」事にあります。
失敗や評価に振り回されるのではなく、次へ進むための自己の糧とする事が重要です。

成長性

クリエイターにとって大事なものの一つに成長性があります。
これは知識やスキルを高めて、自己を成長させ続ける事です。
現在はまだ未成熟で良い作品が作れなくても、クリエイター自身が成長し続ければ作品のクオリティも必ず変化して行きます。

創造性

優れたクリエイターは様々な知識や技術を集めて、まったく新しい物を生み出す事ができます。
最初は誰かの真似事でも良いですが、ある程度技術が身に付いたらオリジナルの作品作りを心がける事が必要かもしれません。

探究心

誰でもその作品を見たり使ったりすれば、素朴に思う疑問が出てくると思います。
「ここはなぜこうなっているのか」や「どうしてここはこうならないのか」と言った不思議に思う点です。
こうしたちょっとした疑問を追及して行けばやがて疑問は解消され、新しい知識やスキルとなって次の作品作りに繋げる事ができます。

オンラインPC館
トップページ情報スキル → クリエイタースキル