ネットの悪質情報です。

悪質ネット情報

悪質広告

最近ではWeb広告を悪用した悪質広告も増えているため、Web広告もセキュリティの対象になりつつあるようです。
悪質広告の発覚後は公式が修正対応しているようですが、大抵は悪質な業者による仕業です。
「悪質広告」最新記事一覧
VPAIDの広告は1回の表示で53MBもデータを消費し6000以上のリクエストを出すなど非常に悪質
Google、1年間で7億8000万の「悪質広告」を阻止
攻撃サイトに誘導の不正広告、国内から900万アクセスを稼ぐ
Microsoft、IEで不正広告に警告 評価基準を改訂
Google配信のAdSenseで悪用発生、不正サイトに誘導される
「2chまとめ風広告サイト」に注意。だまされるトラブルが急増中です
ネットの不正広告に対抗、FacebookやGoogleが啓発組織を結成
キングソフト「悪質バナー広告」問題について説明 「不当に広告収入を得ようとする悪質業者がいる」
オンライン広告の25%は偽装・詐欺によって支えられているということが判明

危険な電子証明書

中国の電子証明書は不正が多く、信用に足らないとして多くのブラウザがブロックしています。
中国の認証局が不正な証明書、主要ブラウザが無効化を通告
中国最大の認証局「WoSign」が証明書発行日改竄などを行っていたとしてFirefoxがブロックの方針
中国最大級の認証局「WoSign」がニセの証明書を発行していたことが判明
GoogleとMozilla、中国認証局の新規証明書を一時的に失効
SSL証明書を発行する企業が証明書を偽造する悪質なアドウェア「Privdog」を販売していたことが判明

オンラインPC館
TOPページ情報セキュリティ情報 → 悪質ネット情報