ストーキングセキュリティ

ストーキングの法規制

ストーカー規制法

ストーカー規制法に関する情報です。
改正ストーカー規制法が成立し、ようやくストーカー対策としての法規制が改善されたようです。
ストーカー行為等の規制等に関する法律とは
改正ストーカー規制法施行 「Twitterやブログに執ような書き込み」も規制対象に
改正ストーカー規制法成立、SNSも対象に…弁護士「これまでが規制されなさすぎた」
ストーカー規制法が全ての電気通信を対象に
ストーカー規制法改正案が成立の見通し TwitterなどSNS、ブログも対象に
ストーカー規制法「改正内容」は不十分? 「メールだけでなくSNSも対象とすべき」
ストーカー規制法改正「非親告罪は時期尚早、警察のスキル向上を」弁護士が指摘
51歳が女子中学生に「LINE」を送って逮捕 なぜ「ストーカー規制法」違反?

迷惑防止条例

迷惑防止条例は地方公共団体が定める迷惑行為に対する防止条例です。
ストーカーに関してもストーカー法でカバーしきれない部分を、この迷惑防止条例で対応している所が多いようです。
迷惑防止条例とは
「恋愛感情」に基づかない「ストーカー」も摘発・・・条例改正の問題点はなにか?

ストーキングセキュリティ

ストーキング対策

ストーキング対策を個人だけで行うのは非常に困難です。
これは第三者に狙われた場合は、その手から逃れる事は非常に難しいためです。
やはり警察の対応改善や国の機関による保護対策が必要だと感じます。
ストーキング情報

ストーキング防衛対策

基本的には防犯グッズを常備して危険に備えると言う方法になると思います。
しかし、これだけで完全に防げるわけではないので、何らかの人的協力が必要だと思われます。
民間シェルター

ストーキング対策

防犯対策

暴漢やストーカーに攻撃された場合に備えて、日頃から防犯グッズを持っておくと良いかもしれません。
主に第三者に通知できるブザーやGPS、相手を撃退可能な護身用装備、体を保護するプロテクターなどがあります。
また、こうした装備を購入できない場合は、日用品で武器になりそうなものを身につけておいてください。
防犯用グッズ

証拠写真

第三者が攻撃してきた場合は上記のようなグッズを利用して対抗する事もできます。
その際に可能であればスマホなどで相手の写真を撮影しておくと、証拠として警察に提出する事もできます。
できればいつでも素早く撮影できるように工夫しておくと良いかもしれません。

オンラインPC館
トップページテクニックセキュリティ → ストーキングセキュリティ