ソーシャル犯罪対策の課題です。

ソーシャル犯罪対策の課題

ソーシャル犯罪の危険認識

ソーシャル犯罪は法の抜け穴を突いた巧妙な攻撃のため、現在では打つ手がないようです。
それはつまり合法的に許された攻撃と言う事になり、被害者は長期的に何の助けもなく被害に遭い続ける事になります。
場合によっては合法的な個人の抹殺も可能であり、重大事件に発展する可能性を多分に秘めています。
やはりこうしたソーシャル犯罪の重大性を、政府や警察が認識して早急に対策を講じる必要があると思われます。
ソーシャル攻撃

ソーシャル犯罪の対応強化

政府や警察は現在のソーシャル犯罪に対して完全には対応できていません。
病気や思い過ごしではなく本当に攻撃を受けているとしても、事件性がなければ警察ではたいした事をしてくれません。
ストーカーの場合は多数の重大事件が発生したためにようやく国も規制を強化しましたが、その内容は非常に不完全なものです。
また、ストーキング犯罪は攻撃方法の一部でしかなく、それだけで全てのソーシャル犯罪を取り締まれるわけではありません。

ソーシャル犯罪の取組体制

ソーシャル犯罪に対して警察は何もせず被害が拡大するのを待っているだけで、国民の安全を守ると言う義務をまったく果たしていません。
これでは手遅れになる可能性が大きく、過去のストーカー犯罪に対してまったく反省も理解もできていないようです。
また、重大犯罪に発展しないにしても、こうした行為を放置している事自体に問題があると思われます。

集団ソーシャル犯罪対策の課題

集団ソーシャル犯罪の悪質認識

ソーシャル犯罪が集団で行われる場合もありますが、集団化すれば一気に悪質さが増します。
最近の集団攻撃は情報やネットを活用して嫌がらせや妨害行為を行いますが、集団の規模によっては相当な人数が関与する事もあります。
場合によっては組織によって行われている事もあり、長期化や重大被害に繋がる可能性があるため、早急に対応が必要だと思われます。
集団攻撃
集団ストーキング情報

集団ソーシャル犯罪の対策強化

集団で行われるソーシャル犯罪はより複雑で巧妙な攻撃が可能となり、対象範囲や規模も一気に拡大する可能性があります。
被害者自身での対応も困難な事に加えて、警察も集団の場合はあまり想定していないと思われます。
そのため集団犯罪に対する効果的な取り締まりもできず、長期的な被害が継続される可能性があります。
スマイリーキクチ中傷被害事件とは

オンラインPC館
TOPページテクニックセキュリティ → ソーシャル犯罪対策の課題