ソーシャル攻撃対策

ソーシャル攻撃対策

人権保護に関する法律

人権保護に関する法律情報です。
人権擁護法案とは

ソーシャル攻撃の相談窓口

こうした被害に遭った場合はいくつかの相談窓口があります。
しかし、これらはソーシャル攻撃に関してはあまり役に立たず、実質的には存在しないも同然です。
専門家ほど単純な攻撃程度しか想定しておらず、トラッキングやストーキングなどの巧妙な攻撃方法を把握していません。
まして実社会での監視やガスライティングなどの社会的な攻撃については、ほとんど病人扱いになるだけのようです。
もちろんはっきりとした証拠があれば別ですが、ソーシャル攻撃の証拠確保はかなり困難となります。
法務省:人権相談
集団ストーカーらしき相手による被害について、法務省インターネット人権相談窓口に相談したら

ソーシャル攻撃に対する法規制

最近になってようやくストーカー法も改正されましたが、完全とは言えず問題も多いようです。
さらにソーシャル攻撃の全てをストーカー法だけで対応する事は困難で、これは迷惑防止条例によって対応している点からもわかると思います。
法規制も警察対応もまだまだで、ソーシャル攻撃に対する対策ができているとは言えないようです。
これはソーシャル攻撃の特徴で、物的証拠を残さない陰湿な攻撃が多いためだと思われます。
ストーカー規制法

ソーシャル攻撃への反撃

国があてにならないなら、最後は自分の全力を投じて立ち向かうしかないように思います。
力、知恵、人脈、金など持てるもの全てを使って戦いますが、結果として自分が勝たなければ意味がありません。
どんな手段を使おうがかまいませんが、実行する場合は全て自己責任となります。

オンラインPC館
トップページテクニックセキュリティ → ソーシャル攻撃対策