プログラムセキュリティ

プログラムセキュリティ

プログラムの選択基準

ユーザーはただ利用するだけでなく、しっかりと情報を見て良質なものを選択する必要があります。
単に話題性や無料と言うだけで飛びつくのではなく、危険なものは避けて信頼性を重視した選択を行ってください。
また、開発サイドの動きに変化があり、継続使用に問題があると判断した場合は使用を中止する事も一つの対処法となります。

プログラムの生存確認

プログラムでも必要となるのが定期更新や問題修正です。
最近ではセキュリティ上の理由から更新サイクルが早くなるものもありますが、こうした情報の変更はそれだけしっかりと取り組んでいる表れでもあります。
逆にあまり更新されない古いプログラムは大抵脆弱性などの問題が含まれているので、安全を考慮するなら使用は控えてください。

プログラムの危険性

プログラムの危険性

外部からインストールするプログラムには非常に危険なものも存在します。
特に最近はソフト、拡張機能、アプリなどで、不正なプログラムが増えています。
また、ストアやダウンロードサイトなどでも不正なプログラムが多数発見されているので十分に注意してください。
インストールセキュリティ

外部プログラムの危険性

ソフトやアプリは便利ですが、中には非常に悪質なものも存在します。
情報収集プログラム、不要なプログラム、広告プログラム、マルウェアなどを自動的に追加される場合があります。
利用者に追加の可否を判断させている場合は良いのですが、気付かないうちにこうしたプログラムを混入される場合もあります。
プログラムリスク

拡張プログラムの危険性

ブラウザを便利にする拡張プログラムでも知らないうちに情報収集するような悪質なものがあります。
こうした危険を避けるためにもなるべく公式が安全と評価しているものを利用するようにしてください。
また、公式にあるものでも出たばかりのものは実態がわかりづらいので注意が必要です。

オンラインPC館
トップページテクニックセキュリティ対策 → プログラムセキュリティ