犯罪予測の課題

犯罪予測の課題

犯罪予測

警察は通報や相談があった場合に、その内容から事件性があるかを判断していると思います。
しかし、多くの情報犯罪では前段階で関連した事象が発生しており、それ自体に事件性がなくてもおかしいとわかるものです。
また、そうした相談が何度もあるなら、情報の紐付けにより関連性も見えてきます。
場合によっては何者かに狙われているなど、大きな犯罪に巻き込まれている可能性も判断できるはずです。
警察がこうした貴重な情報を軽視したために、重大犯罪に発展するケースや長期間未解決状態が続く事は少なくありません。
通報や相談と言う被害者になりうる人たちの声は非常に重要な情報源であり、真剣に聞いて入れば普通ならその危険性に気付けるはずです。

予測対応

通報者がうるさいからと、やっつけ対応で見回りをすると言った適当な事も今の警察では行われています。
見回り程度で犯罪がどうにかできると本気で思っているなら相当レベルが低く、仮にその犯罪性が予測できても意味はありません。
特にストーカー犯罪のような特定人物を執拗に狙った標的型の場合、警察官が制服を着用して見回りをしてもタイミングをずらすだけです。
こうした対応基準では、いくら犯罪予測ができても効果的に活用できるはずがありません。

予測精度

犯罪予測が可能であれば犯行時にそれを制止して、被害の拡大前に犯人を逮捕する事も可能かもしれません。
しかし、実際にこうした犯行捕捉を行うためには、犯行が起こるであろうタイミングを正確に予測する必要があります。
犯罪が実行されるタイミングを正確に知るためには、それだけ多くの情報とそこから推測できるものが必要となります。
これが犯罪予測システムですが、現時点で利用されている予測システムの効果は未知数となっています。
犯罪予測システム

オンラインPC館
トップページテクニックセキュリティ対策 → 犯罪予測の課題