ネットストーキングセキュリティ

ネットストーキングセキュリティ

ネットストーキング対策

ネットストーキング対策に関する情報です。
警察のサイバー犯罪対策
被害が拡大してからじゃ遅い! ネットストーカー被害で警察に動いてもらう方法

追跡の原理

ターゲットを追跡するためには「端末内にある固有の情報」や「Web上の足跡」などが必要です。
こうした目印となる情報がなければ、ターゲットを追跡する事は不可能です。
リアルストーキング情報
社会犯罪対策
トラッキングセキュリティ

原因の究明

最初に行うべきは情報の発信源がどこなのかと言う点です。
恐らくこの部分が最も難しいと思いますが、いくつかに分類する事ができます。
情報の発信源

ネットストーキング対策

情報のクリーン化

端末の安全性を考慮し、クリーン化を行います。
何らかの悪質なプログラムを仕込まれている場合は、これで対応する事ができます。
クリーン化

情報の匿名化

ネットストーキングのような攻撃を行うためには情報の紐付けが必要であり、変化する情報を捉える事は困難です。
このためによく用いられるのがProxyやVPNですが、これらはまだ安全性や利便性に問題があります。
ステルスセキュリティ

証拠の収集

原因の究明や問題への対策以外に証拠を集めると言う事も効果的です。
ネットストーカーも内容によっては警察への相談が有効になる場合があります。
そうした際に証拠があると非常に有利なので、何らかの証拠集めも行ってください。
トラブル相談サービス

情報の拡散

被害に遭った場合は様々な対処と共に被害内容や現状を公開するのも一つの方法です。
攻撃者はターゲットを孤立化した方が攻撃しやすいので、現状を公開する事で攻撃者にとって不利な状況になる可能性もあります。
ただし、ストーキングの場合はこうした行為が逆効果や無意味なケースもあるので、専門家に相談しながら判断する必要があります。
いずれにしろ情報の公開はリスクを伴うので、どちらが自分にとって有利になるかを考えてから行ってください。

環境の変更

最悪の場合は通信回線や住所を変更すると言う方法があります。
回線の変更や引越しは金銭的にも負担が大きく、根本的なネットの使用方法も一緒に変える事が条件となるので簡単ではないと思います。
また、この方法を行っても自分の特徴がわかってしまうサービスや情報を利用すれば、再び特定される事になるので無駄になる可能性もあります。
やはり法規制などによって情報の取り締まりを厳しくしなければ、根本的な解決にはならないように思われます。

オンラインPC館
トップページテクニックセキュリティ対策 → ネットストーキングセキュリティ