情報犯罪対策の課題

情報犯罪対策の課題

情報犯罪対策システムの導入

現在の警察では情報犯罪にはほとんど役に立ちません。
何らかの物理的な証拠が必要ですが、情報犯罪の多くは見えない部分で行われています。
専門的な組織なら痕跡の隠滅や偽装などは容易であり、現在でも未解決の事件は数多く存在します。
しかし、警察機関にはそれを効果的に捉えて取り締まる手段に欠けているように思われます。
やはり国レベルでこうした情報犯罪対策となるシステムを構築する必要性を強く感じます。

取締機関の強化

取締機関そのものの監視や管理を徹底すれば、取締機関の暴走や権限の悪用を防止できます。
その代わりに法改正で様々な犯罪に対応できるよう柔軟なものにする事で、こうした取締機関の対応性も高められるのではないかと思います。
現在では例え法改正が行われても不十分なものが多いため、取締機関も効果的な対応ができないようです。

犯罪対策の再構築

現在の犯罪対策は法律も警察も犯罪による被害が発生するまで対応できません。
しかし、凶悪犯罪においては、もはやこうした事後対応では守り切れない状況となっています。
これは今の時代にそぐわないもので、法律も警察も古いと言わざるを得ません。

情報悪用の危険認識

情報を第三者に把握される事や狙われていると言う状態は非常に危険な状況と言えますが、警察はその危険性をまるで認識できていません。
確かにこうした事前段階では警察は介入しづらいですが、今後はこの段階でその危険性を認識した対応が必要ではないかと思われます。
すでにストーカー犯罪では多くの被害者が出ており、早急にこうした情報犯罪への対応が求められています。

情報犯罪捜査の課題

捜査方法のアップグレード

現在の警察の捜査方法は非常に古いですが、やはり時代の変化に対応してアップグレードが必要ではないかと思います。
いまだにアナログチックな捜査手法が主流では、非常に手間も時間もかかり効率も悪いと感じます。
これは恐らく構造レベルでの改革が必要だと思われますが、悪質な情報犯罪に対応するにはなるべく早急に改善が必要かもしれません。

情報捜査の必要性

現在の犯罪は情報を利用した複雑なものが多くなっていますが、それに対抗する警察側も情報をより活用した専門捜査を行う必要があると思われます。
現在でも情報をある程度は利用していると思いますが、より深い部分に入らなければ今のような情報化社会には対応できなくなりつつあるようです。
また、こうした情報を利用する捜査方法は、犯罪者の動きや被害者の状況把握など様々な効果があると感じます。

情報監視の必要性

情報犯罪やネット犯罪の多くは見えない場所で行われるため、多くの場合は状況把握ができないようです。
こうした問題に対して警察がしっかりと把握できるようになれば、見えない犯罪を捉える事も可能になるかもしれません。
特に犯罪者はターゲットを狙うために行動や通信に不自然な部分が多いと思いますが、そうした状況を常に監視できればこうした見えない犯罪を見極める事もできるのではないかと思われます。
また、こうした手法によって証拠の確保が容易となるため、捜査の時間や手間も短縮される可能性があります。
犯罪監視システム

情報犯罪対応の課題

柔軟対応の必要性

警察の場合でもマニュアル化された対応を行っていると思いますが、こうした対応方法は非常に柔軟性がなく過去にも様々な不祥事に繋がっているようです。
また、マニュアル対応の欠点は固定された対応であるため、少し違った側面から起こる犯罪に対してはまったく適応性がない点にあります。
色々な事情はあるにしても今後はマニュアル対応ではなく、より柔軟な思考と血の通った対応が必要ではないかと思われます。

高速対応の必要性

警察の対応は非常に遅く、情報犯罪においては解決までに驚くほどの時間を要する場合も少なくありません。
また、法律上に問題があったとしても改善されるまでには多くの犠牲と時間を要しており、これで効果的な対策が取れているとは到底思えません。
今後はより素早い対応ができるようにならなければ、情報犯罪に対応する事は難しいと考えられます。

通報情報の重要性

ストーカー犯罪の多くは被害者が事前に警察へ連絡している事が多いですが、警察の対応不備によって大きな事件に発展しているケースが多いようです。
こうした問題は事件が起こりうる非常に危険性のある状況にも関わらず、警察側が真剣に対応していないのが問題となっています。
ストーキング情報

オンラインPC館
トップページテクニックセキュリティ → 情報犯罪対策の課題