情報攻撃対策

情報攻撃対策

情報収集対策

情報攻撃において最も重要と思われるのが、情報収集対策です。
情報攻撃を行うためにはどうしてもターゲットの情報が必要なので、逆に言えばその原因を特定して対処すれば被害を最小限に抑える事もできます。
最も多いのがネットで収集される情報で、他にも実社会の近隣住人や行動範囲内を監視して収集している場合もあります。
情報の発信源

情報操作対策

情報操作に関しては現時点でこれと言った対策はありませんが、いくら情報を操作しても事実を捻じ曲げる事はできません。
つまり第三者が事実を見極める術を持ち、風評などの噂や捻じ曲がった情報に踊らされない事が重要なようです。

情報悪用対策

情報の悪用も現時点では対策がありませんが、法規制による取り締まりや監視システムが最も効果的だと思われます。
情報の悪用はユーザーサイドではどうにもならず、裏で悪用されていた場合は本人が気付かない事もあるため、こうした方法でしか対処は難しいようです。
プライバシーセキュリティ

データ盗聴対策

データ盗聴対策にはSSLによる暗号化通信やVPNがあります。
しかし、SSLはネットの全てが行っているわけではなく、VPNも有料サービスが主流なので簡単には利用できないようです。
安全を考慮するならこうした部分が一般化しない限りは、現在のデータ通信は丸裸の状態と言えます。
通信傍受や暗号化の未来は「暗闇の中」と多くの識者が意見を一致させる

オンラインPC館
トップページテクニックセキュリティ → 情報攻撃対策