集団攻撃の情報対策

集団攻撃の情報対策

誤認情報

被害に遭い始めるとどうしても深読みして無関係な人間まで敵に思ってしまう事もあります。
しかし、こうした考えは非常に危険であり、周囲全体を敵として捉えてしまうので深読みは厳禁です。
明らかに不自然で間違いないと言う判断ができたら良いですが、それ以外は思い過ごしの場合もあります。
このあたりを十分注意してください。

情報記録

集団攻撃を受けている場合に大事なのは情報を記録として残す事です。
こうして記録した情報は証拠として利用できるので、トラブルの際には非常に重要となります。
また、攻撃者に情報が収集されていても、被害者側は常に記録を取るようにしてください。

情報拡散

被害内容が大きく中々解決に至らない場合や警察の対応が悪い場合は、警察以外にも様々な窓口に相談しておく事をおすすめします。
特に報道関係などの窓口に自分の情報と共に、どのような被害に遭ってどのような状態になっているかを明確に伝えてください。
これは一種の保険であり、最悪の事態になった場合は、ずさんな対応を行った警察なども責任が問われる可能性があります。
また、現状を知る者が関係者以外にもいると言う事が非常に重要であり、こうした情報の拡散も一つの対策となります。

情報公開

必ずしも対策になるかはわかりませんが、誰がどのような攻撃をしているかを明確にすると言う対策方法もあります。
攻撃者に対して悪質性を自覚させると共に、多くの人から注目を集められる可能性があります。
場合によっては攻撃者が狙われる側になるため、有効な対抗手段となるかもしれません。
正当な理由もなく卑劣な攻撃を行う者は誰が見ても虫唾の走る思いがするはずで、いじめなどにも有効ではないかと思われます。
また、この方法も情報が残るため、被害が拡大した際には証拠になる可能性があります。

オンラインPC館
トップページテクニックセキュリティ対策 → 集団攻撃の情報対策