デバイストラッキング対策です。

デバイスデータのトラッキング対策

アドレス情報

端末が持つアドレス情報にはIPアドレスやMACアドレスがありますが、識別情報として悪用される可能性があります。
IPアドレスからは利用するプロバイダや都道府県の情報がわかりますが、他の情報と組み合わせる事でアクセス者を識別する事が可能です。
こうした問題を回避するためにProxyやVPNを利用する事もできますが、その場合はProxyやVPNの通信先にも情報が流れるので注意してください。
IPアドレスが他人に知られてしまうことの危険性

  1. 種類:MACアドレス、IPアドレスなど
  2. 対策:アドレス設定プライバシーソフトProxyチェンジャーアドオン(Firefox用)ProxyリストセキュアLinux

位置情報

端末に搭載されている位置情報機能も悪用される危険性があります。
悪用されれば簡単に位置追跡が可能になるので、必要な時以外は無効にしておく必要があります。
位置情報技術
EXIFのGPS位置情報
気づかないうちに私生活や行動がダダ漏れに!?
iOSによる位置情報追跡を防ぐ
あのスノーデンがスマートフォンから位置情報を特定されないようにするための装置「Introspection Engine」を開発

  1. 種類:位置情報機能、GPSビーコンなど
  2. 対策:Firefoxの位置情報検出設定Google Chromeの位置情報送信機能をオフにする方法Internet Explorer 9(ロケーションサービス)
オンラインPC館
TOPページテクニックセキュリティ → デバイストラッキング対策