端末情報

端末情報

マルウェア

可能性が高いのがマルウェアですが、これには所有する端末やデータ(ソフト、ファイル)に混入している場合があります。
また、一般的なセキュリティソフトでは検知できないようなマルウェアも存在しますが、情報流出系なら何らかの方法で通信を行います。
マルウェア情報
マルウェア攻撃
マルウェアセキュリティ
ネットリスク情報

脆弱性

脆弱性は主にOSやソフトに存在するセキュリティホールで、この部分から端末に侵入されている可能性もあります。
この手の攻撃も必ず通信を行う必要があるので、そのあたりを注意しておくと発見できるかもしれません。
また、ハッキングは普段からアップデートする事で、リスクを回避できる可能性があります。
脆弱性情報
ゼロデイ攻撃
ゼロデイセキュリティ

トラッキング

何らかの固有情報を基にターゲットを特定している可能性もあります。
これはブラウザが持つ情報や端末が元々使用している情報などで、クリーン化を行っても消えないものもあります。
その場合はそれらの情報を変更するなどして追跡を防止すると言う方法もありますが、どの情報を基にしているかはわかりません。
情報流出
トラッキングセキュリティ

プログラム

OS、ブラウザ、拡張機能などの端末から通信を行っているプログラムが流出元となっている事も考えられます。
この場合はそれらの通信を遮断する事で改善できると思いますが、何のために通信を行っているかを調べると判断基準にしやすいと思います。
また、多くのプログラムは自動更新機能によって通信を行っている事が多いので、そう言った場合はそれほど危険性はないと思います。
リスク情報

電磁波

電子機器が発する電磁波から画面を盗み見る事は可能だと言われています。
しかし、現実的には専用の機材も必要となるため、こうした方法で情報を盗むと言うのは難しいように思います。
電磁波とは
電磁波盗聴

オンラインPC館