ブラウジングセキュリティ

ブラジングセキュリティ

ブラジングセキュリティ情報

ブラジングセキュリティに関する情報です。
Google Chromeのセキュリティ情報
Firefoxのセキュリティ情報
セキュリティエクステンション(Chrome用)
セキュリティアドオン(Firefox用)
Webブラウザの自動入力機能、個人情報盗むフィッシング詐欺に悪用の恐れ
Webブラウザーの動作を妨げる迷惑ソフトを一掃してくれるGoogle製のクリーナーツール
Googleが“セーフ ブラウジング”を拡充。偽のダウンロード広告をブロック対象に
Unity、「Unity Web Player」プラグインを非推奨に

プライバシーセキュリティ情報

ブラウザを利用してトラッキングによる追跡が可能となります。
ブラウザの設定や拡張機能を利用して、できる限りの安全対策を行ってください。
トラッキングセキュリティ
名前やメールアドレス・住所などを自動的に入力してくれる「オートフィル機能」を使うと個人情報がこっそり盗まれる危険性あり

Webプログラム

廃止されたブラウザプラグイン

危険性が高いために廃止されたブラウザプラグインです。
また、最後のプラグインであるFlashも2020年を機に廃止されるようです。
HTML5対応状況
Adobe、「Flash」を2020年末に終了へ
Oracle、Java 9でブラウザプラグインを廃止へ
「Windows 10」のWebブラウザ「Edge」はActiveX非サポート、サンドボックス化
IEで古くなったActiveXコントロールを遮断、Microsoftが新機能

JavaScriptの制御

JavaScriptは自動的に実行されるWebプログラムで、これを常時有効にしておくとウイルスに感染する危険性があります。
このJavaScriptの制御はブラウザの設定からも行えますが、アドオンを利用すると効果的に制御する事ができます。
JavaScriptのトラッキング対策
NoScript(Firefox用)
ScriptSafe(Chrome用)

Silverlightへの対策

SilverlightはMicrosoftがすでに使用を中止していますが、一部の動画サイトではSilverlightを使用しているようです。
安全を考慮するならSilverlightは使用しないでください。
日本版Hulu、Microsoftも使用中止を勧告しているSilverlightを新たに導入

オンラインPC館
トップページテクニックセキュリティ → ブラウジングセキュリティ