データ保存

バックアップ

バックアップ

バックアップとはデータのコピーを作成し、予備データとして保存する方法です。
物理的な障害は修理交換でしか修正できませんが、データ破損の場合はこのバックアップデータを用いる事で修正する事ができます。
バックアップに利用するためのソフトには大きく分けて、ファイルバックアップソフトとイメージバックアップソフトの2種類があります。
ファイルバックアップソフトはファイルやフォルダを対象とするため、特定のデータだけをバックアップする事ができます。
イメージバックアップソフトはディスクやパーティションを丸ごとバックアップできるため、PC環境全体の大規模なバックアップに用いられます。
パーティションとは
バックアップソフト
俺のバックアップを聞け!
不慮の事故でも安心 NASのデータを守る外部バックアップの種類と特徴
デジタルコンテンツをバックアップしないユーザは約2割

バックアップの使い分け

システムやCドライブはイメージバックアップで丸ごと保存しておけば、いざと言う時に修復が可能です。
また、次回からは差分バックアップや増分バックアップを利用する事でバックアップ時間の短縮が可能になります。
さらに頻繁にデータが変化するものは、ファイルバックアップで個別に保存しておく事もできます。

  1. 一括バックアップ:ディスク、Cドライブ、システムなど
  2. 追加バックアップ:差分バックアップ、増分バックアップ
  3. 個別バックアップ:アカウント情報、メールデータ、各種ソフトの設定情報など

バックアップデータの安全性

バックアップデータを復元する時は、必ずクリーンデータを利用する必要があります。
復元元のデータに悪質なプログラムやウイルスが混入されていれば、復元後に危険な状態になります。
特にシステムの復元時にはデータがクリーンかどうかよく確認してください。

バックアップ対象

ファイルバックアップ

ファイルやフォルダをバックアップする方法です。
専用のバックアップソフトやbatファイルを利用する事で、様々な条件でのバックアップが可能です。
ファイルバックアップソフト
バックアップコマンドプログラム

システムバックアップ

PCのシステム部分(OS)のみをバックアップする方法です。
ただし、この方法ではインストールされたソフトや保存されているファイルはバックアップされません。
システムバックアップソフト

パーティションバックアップ

HDD内にあるパーティションを丸ごとバックアップする方法です。
パーティションを分割して利用している場合は、余分なデータ類を含まずにシステムドライブのみをバックアップする事ができます。
なお、こちらはパーティション全体が対象なので、パーティション内に保存されているファイルやインストールされたソフトもバックアップされます。

ディスクバックアップ

HDD全体を丸ごとバックアップする方法です。
パーティションを分割している場合は、全てのパーティションがバックアップされます。

バックアップ方式

フルバックアップ(完全バックアップ)

対象の全てのデータをバックアップする方式です。
常に全データをバックアップするため、バックアップ時間は最も長くなります。
フルバックアップとは

  1. バックアップ:全てのデータ
  2. リストア:フルバックアップデータのみ

増分バックアップ

前回のバックアップ以降に変更されたデータだけをバックアップする方式です。
毎回のバックアップ時間は短縮できますが、リストアには追加した全てのバックアップデータが必要になります。
増分バックアップとは

  1. バックアップ:前回のバックアップ以降に変更されたデータのみ
  2. リストア:フルバックアップデータ+全ての増分バックアップデータ

差分バックアップ

フルバックアップ以降に変更された全てのデータをバックアップする方式です。
常にフルバックアップからの変更分がバックアップされるため、増分バックアップよりもバックアップ時間は長くなります。
ただし、リストアにはフルバックアップデータと最新の差分バックアップデータだけあれば復元できます。
差分バックアップとは

  1. バックアップ:フルバックアップ以降に変更された全てのデータ
  2. リストア:フルバックアップデータ+最新の差分バックアップデータ

バックアップ方法

ミラーリングバックアップ

ミラーリングバックアップはデータを完全に同期するバックアップ方法です。
これはコピー元とコピー先のデータを全く同じ状態にする方法で、半自動バックアップが可能になります。

イメージバックアップ

ディスクやパーティションをイメージとして保存し、問題が起こった時に元のPC環境を復元する方法です。
作成したイメージファイルを外付けHDDに保存しておけば外部からの復旧も可能になり、より安全にデータを保護する事ができます。
ただし、事前にブータブルディスク(起動ディスク)を作成しておく必要があります。

クローン

ディスクやパーティションを丸ごと別のHDDにコピーしてクローン(複製)を作成する方法です。
作成後はクローン化されたHDDと交換するだけで、いつでも元のPC環境に戻す事ができます。

オンラインPC館