マルウェア対策です。

マルウェア対策

マルウェア対策

日本でもマルウェアを利用した犯罪が増えていますが、最近起こった事件で有名なものに「遠隔操作ウイルス事件」があります。
マルウェア感染情報
マルウェア攻撃
遠隔操作ウイルス事件
「ウイルス作成罪」が成立、悪用目的の作成や所持を処罰
JPCERT コーディネーションセンター、既知のマルウエアをメモリイメージから簡易に検知できるツールを開発
マルウェアにやられてしまう時代のセキュリティ防御とは?
Googleに「ネットの脅威」と定められた悪意あるソフトウェアの群れ「UwS」の対抗策とは?
IPA、ウイルス感染の緊急調査を要請
マルウェア感染前提の対策と運用の徹底を
仮想化を利用したWindows XP運用も安全ではない
ウイルス対策ソフトは「どれも同じ?」「効果なし?」 その疑問に答えよう

常駐監視

ウイルス対策はアンチマルウェアソフトで常時監視させておくのが基本です。
これによって悪質なプログラムが通過するのを防ぐ事ができます。
コンピュータウイルスとは
アンチマルウェアソフト
普通のネットサーフィンでも1ヶ月で大量のウィルスに感染した人の話

免疫化

免疫化とはアンチスパイウェアなどに搭載されているプロテクト機能です。
これはアンチスパイウェアで事前にプロテクトをかける事によって、悪質なスパイウェアの感染を防止するものです。
アンチスパイウェアでスキャンを行ったら必ず行うようにしてください。
スパイウェアとは
アンチスパイウェアソフト

スキャン

スキャン機能ではシステム、メモリ、ファイルなどに悪質なプログラムが存在しないかチェックする事ができます。
何らかの理由でアンチマルウェアソフトの監視をすり抜けたものがあっても、スキャンを行う事で見つけ出せる可能性があります。
もしも気になるファイルやプログラムを見つけたら、アンチマルウェアソフトで一度スキャンを行ってください。

ヒューリスティック

ヒューリスティックはウイルスのような挙動を行うものを検知する機能です。
従来のパターン照合だけでは亜種などの改変されたウイルスに対応できないため、最近では多くのアンチマルウェアソフトに実装されています。
ヒューリスティック検知とは

仮想環境

仮想環境にはドライブ全体を仮想化する方法と仮想化された領域を利用する方法があります。
こうした機能は危険性がある場合や未知のファイルをチェックするような際に活用されています。
仮想環境も絶対に安全と言うわけではありませんが、他のセキュリティソフトと併用する事で安全度が高まります。
仮想化環境とは
サンドボックスソフト
仮想化ソフト

その他のマルウェア対策

サイトの感染チェック

対象サイトがマルウェアに感染していないかチェックする方法です。
これにはリンク先のサイトを利用すれば簡単に診断する事ができます。
Webサイトの危険度チェックサービス

誤検出対策

アンチマルウェアソフトで検知された場合に、ウイルスか誤検出か判断が難しい時があります。
そんな時はオンラインスキャンを利用すると、複数のソフトを利用せずに誤検出チェックが可能です。
セキュリティスキャンサービス
ウイルスチェックのつもりで情報漏えい? VirusTotalの使い方に注意

ランサム対策

全てのランサムウェアへの対策とはなりませんが、解除ツールが公開されている場合はそれらで解除が可能です。
アンチランサムウェアソフト
ランサムウェア ファイル復号ツール
カスペルスキー、ランサムウェア「CryptXXX」v3に対応した復号ツールを無償公開
欧州のランサムウェア対策組織、無料の復号ツールを提供拡大
Malwarebytes、ランサムウェア「Telecrypt」の被害を修復するツールを無償公開
Kaspersky、ランサムウェア被害者向けに新たな復元ツールをリリース
トレンドマイクロ、ランサムウェア被害者にファイル復号ツールを無償公開
ランサムウェア「CryptXXX」が暗号化したファイルを元に戻す方法
ランサムウェア「Petya」の暗号解除ツール、無料公開される

オンラインPC館
TOPページテクニックセキュリティ → マルウェアセキュリティ