重要システムのリスク

重要システムのリスク

インフラシステムの危険性

エネルギー業界などのインフラシステムも攻撃を受ける危険性があります。
ウクライナの大停電を引き起こしたマルウェア「CrashOverRide」は電力網を混乱させる潜在的危険性を持ち世界中で障害を起こす可能性がある
病院などに導入された地下水処理システム、ネット経由で誰もがアクセス可能になっていた
サイバー攻撃が原子力発電所に混乱をもたらしていた
発電所や工場にもサイバーセキュリティ対策を、カスペルスキーが参入
ドイツの原子力発電所のコンピューターからウイルスが発見される
電力会社へのサイバー攻撃で140万世帯が停電
原発は「サイバー攻撃」に曝されている:英シンクタンク報告
ビル管理室からサイバー攻撃も セキュリティ対策が急がれるインフラシステム
日本のインフラを守るセキュリティ技術の現場に行ってみた(前編)
エネルギー業界を狙う攻撃、電力供給網に妨害工作の恐れも

医療システムの危険性

医療業界のシステムも攻撃を受ける危険性があります。
心臓ペースメーカーのモニタ装置に脆弱性、メーカーがパッチ配信
医療機器に脆弱性、糖尿病患者に不正な薬剤投与が可能に
ランサムウェア「Locky」の感染メール、日本の病院も狙って大量流通
大病院の診療もストップ、身代金ウイルス「ランサムウェア」の恐ろしさ
標的型攻撃に狙われる医療機器、病院への不正侵入が増加
心臓カテーテル処置の真っ最中に医療機器がアンチウイルスソフトのスキャンでクラッシュ
投薬管理システムに1000件超す脆弱性、医療機器のレガシーシステムに警鐘
携帯の電波がペースメーカーなどに影響を与える可能性は低い
サイバー攻撃に狙われる医療機関、患者情報の流出状況は?
人体にコンピュータウイルスが感染!脅威の医療機器ハッキング

その他の重要システムの危険性

その他の重要システムの危険性情報です。
ATMのリスク、物理的なアクセスで攻撃も Kasperskyの研究者らが指摘
アメリカ大統領選で使う電子投票システムはWindows XPマシンで動いておりハッキングされる可能性が指摘されている
衛星通信、脆弱性を警告される:軍やメディア、航空・船舶システムに迫る危機

オンラインPC館
トップページ情報リスク情報 → 重要システムのリスク