政府機関によるプライバシーリスクです。

ガバメントプライバシー

政府のプライバシーリスク

政府による情報収集問題に関する情報です。
ビッグデータで人民をしつけ? 中国が向かう監視社会はまるで「1984」
海底ケーブルを通る信号を艦艇で傍受している疑惑が浮上、専門家は否定的
米国税関・国境警備局はあなたがTwitter上ではどんな人物なのかを知りたがっている
ヒトの眼球を生体認識に使う「虹彩スキャン」のデータ43万人分がFBIによって収集されていることが判明
ビル・ゲイツ氏「米政府の秘密調査に制限を」、顧客データめぐり
TwitterやInstagramから情報収集&監視できるシステムにCIAが投資
「政府に監視されている」と思うと人はネットで無意識のうちに少数派意見を言えなくなることが判明
国家が関与する攻撃についての警告通知、MicrosoftやYahoo!も
政府のハッキングからスマホを守るには、このアプリを使え
政府のネット監視に対抗、スパイウェア検出ツール公開
GoogleやMicrosoftなど米IT大手、政府による個人情報収集対抗で団結
Googleエンジニア、米政府の通信傍受問題に激しく怒る
80を超えるウェブ各社や団体、「米国政府による監視」の停止を求める連合を結成
自衛隊 今も国民監視/違法な個人情報収集/情報保全隊の内部資料

NSAのプライバシーリスク

最近ではNSA(アメリカ国家安全保障局)による情報収集が大きな問題になっているようです。
NSA(アメリカ国家安全保障局)とは
PRISM(監視プログラム)とは
飛行機内の携帯電話サービスの通信を傍受する極秘計画の存在が明らかに
スノーデン氏曰く、米当局は日本でもネット監視を行っている
NSAが匿名性を保つためのネットサービスのことを検索した人を監視対象にしていたことが判明
諜報機関がオープンソースソフトウェアを使って軍事用ドローンのカメラ映像を傍受していたことが判明
NSAのスパイ行為はフランス大統領のみならず大企業にまで及んでいたことが判明
NSAなどが市販セキュリティソフトをリバースエンジニアリングして諜報活動に役立てていたことが判明
アプリストア経由でスマホから個人情報を盗むスパイウェアをばらまく計画をNSAが立案していたことが判明
米国家安全保障局(NSA)の情報収集は違法。裁判所が新たな判断
WikipediaがついにNSAを憲法違反を理由に提訴
NSAは世界中の企業に覆面捜査官を送り込んでいる:スノーデンのリーク内容
NSA職員が各国企業に潜入か:スノーデン最新リーク
シリアで起きた「ネット遮断」はNSAの仕業だった:スノーデンの告白
NSA職員、一般人のヌード写真などを日常的に回覧
米国スパイにタイプライターで対抗:ドイツ、ロシアに学ぶ
NSAがどの国をターゲットにしているか、不正侵入の実態がわかる世界地図
精巧な顔認識システムを作成するため、ネット上では大量の画像が収集されている模様
NSAは輸出するCisco製品にバックドアツールを仕込んでいた スノーデン氏関連の新刊書が暴露
NSAがTEDで反論「50件以上のテロを防いできた」
米NSA、華為技術経由で中国要人の通信も監視か
数百万台のコンピューターに監視用マルウェアを送り込むシステムが密かに稼働中
Angry Birdsもターゲット 米英機関、モバイルアプリから日常的に情報収集か
NSAが10万台のPCを無線で監視しマルウェアを送り込んでいる疑いが浮上
シスコとIBM、中国で受注減少:NSAリークの影響か
NSAは1日で全世界50億台の携帯電話の現在地を追跡していることが判明
NSA「世界のコンピューター5万台にマルウェア導入」
米機関、フランスで7000万件以上の電話盗聴
NSAのPRISMがスキャンダル? ヨーロッパはもっとひどい
「英情報機関、NSAと協力して光ケーブル網の通信傍受」
匿名通信システム「Tor」や暗号化メールを使うとNSAにデータを保持される可能性が上がる
Google・Apple・Yahoo!などのサーバにある個人情報を直接のぞき見できる極秘システム「PRISM」とは?

オンラインPC館
TOPページ情報リスク情報 → ガバメントプライバシー