データ盗聴リスク

データ盗聴リスク

データ盗聴

これはデータを盗み見る盗聴行為ですが、現在は様々な方法でこのデータ盗聴が行われていると言われています。
目的が安全のための監視であれば良いのですが、場合によっては情報窃盗や攻撃目的に利用される事もあるようです。
データ盗聴を行う可能性があるのは通信経路上のサーバーや第三者によっても可能で、電波通信を行う無線機器も盗聴されやすくなっています。
また、最近では盗聴プログラムやハッキングなどを利用した盗聴行為も増えているようです。
盗聴

端末のデータ盗聴

プログラム盗聴

不正プログラムを利用してデータを盗み出す盗聴行為です。
この盗聴用の不正プログラムはOS、PCソフト、拡張ソフト、モバイルアプリ、端末、電子機器などに仕込まれている事があり、様々なものが対象となります。
見えざる脅威,ネットワーク盗聴を見つけ出す
盗聴プログラムに注意

ハッキング盗聴

ハッキングによって端末内のデータを盗み見る盗聴行為です。
最近多いのは端末に備わっているカメラやマイクを通して情報を盗み出す手法です。
また、位置情報やGPS情報なども利用される場合があるようです。
情報機器対策

通信のデータ盗聴

バックボーン盗聴

通信のバックボーンとなる通信会社、電話会社、プロバイダ、携帯キャリアなどが盗聴を行う行為です。
特に組織犯罪などでは、内部に潜り込んでいるスタッフを利用して行われる場合があるようです。
また、光回線と光電話を利用しているなら、通信会社やプロバイダが一つに集約しているため危険性も高くなります。
プロバイダのプライバシーリスク
ディープ・パケット・インスペクションとは
ISP でのパケット検閲による行動ターゲティング広告、総務省が容認

サーバー盗聴

サーバーがユーザーデータを盗み見る盗聴行為です。
接続先のサーバーだけでなく、中継サーバーやプロバイダが盗聴する場合もあるようです。
また、悪質なサーバーはトラッキングなども行います。
トラッキングセキュリティ

パケット盗聴

通信パケットのデータを盗み見る盗聴行為です。
古くからネットワークを盗聴するために用いられる手法ですが、悪用される場合もあります。
パケットスニファリング(パケット盗聴)とは
パケットキャプチャとは

ワイヤレス盗聴

無線機器や無線通信のデータを盗み見る盗聴行為です。
無線の場合は足跡が残りにくい性質があるため、セキュリティ設定はしっかりを行う必要があります。
ワイヤレスセキュリティ

その他のデータ盗聴

電磁波盗聴

電子機器のデータを盗み見る盗聴行為です。
専用のシステムが必要など規模が大きいため、国家が監視目的で利用しているようです。
漏洩電磁波とは
テンペスト(電磁波盗聴)とは
エシュロンとは
PRISM (監視プログラム)とは

オンラインPC館
トップページ情報リスク情報 → データ盗聴リスク