システムテクニック

システムプログラムの起動テクニック

システムプログラムの格納場所

Windowsに搭載されている各システムプログラムの本体が格納されている場所です。
ほとんどがSysWOW64(64ビット)とSystem32(32ビット)と言うシステムフォルダに格納されています。
また、格納されている場所がわからないものはコマンドによる起動が可能です。

システムプログラムのショートカット

システムプログラムのショートカットはコントロールパネルからD&Dで作成するのが安全です。
また、64ビットのシステムプログラムは正常動作しない可能性があるので、なるべく32ビットプログラムを指定するようにしてください。

コントロールパネル→D&Dでショートカットを作成する

システムプログラムの起動コマンド

ファイル名を指定して実行、コマンドプロンプト、batファイルから起動できるシステムプログラムの起動コマンドです。
また、システムにパスが通っているものはファイル名だけで起動する事ができます。
「ファイル名を指定して実行」コマンド一覧表
コントロールパネルのコマンド一覧(Windows 7)
システムコマンド
システムツールコマンド
管理ツールコマンド

システムプログラムの短縮起動

「Windows Update」の起動用batファイル

「Windows Update」を起動するためのbatファイルの作り方です。
batファイルの作成方法

@echo off
ms-settings:windowsupdate

「設定画面」の起動用batファイル

「設定画面」を起動するためのbatファイルの作り方です。
batファイルの作成方法

@echo off
explorer ms-settings:

「ファイル名を指定して実行」の起動用batファイル

「ファイル名を指定して実行」を起動するためのbatファイルの作り方です。
batファイルの作成方法

@echo off
%windir%\system32\rundll32.exe shell32.dll,#61

その他のシステムテクニック

Windows Updateテクニック

Windows Updateに関するテクニックです。
Windows Insider Programなんて関係ない! 設定画面を削除してしまうワザ
Windows Updateでエラー発生!溜まったキャッシュをリセットして復旧するワザ

オンラインPC館
トップページテクニックPC → システムテクニック