処理系のbatファイルテクニックです。

処理系のbatファイル

非表示処理

先頭行に以下のように書くと、コマンドプロンプト上で実行内容を表示しなくなります。

先頭行:@echo off

最小化処理

ショートカットファイルの設定を変更すれば、処理時にコマンドプロンプトのウィンドウを最小化状態で開く事ができます。
この方法で最小化できない場合はbatに直接最小化起動を指定するとうまくいくと思います。

  1. ショートカットファイル(右クリック)→プロパティ→実行時の大きさ→最小化
  2. start /MIN "実行ファイルのパス"

自動処理

batファイルのショートカットをスタートアップに登録すれば、PC起動時に毎回自動処理させる事もできます。
スタートアップの登録方法は、以下のフォルダにショートカットファイルを入れてやるだけです。

場所:C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

処理系の応用batファイル

連続処理

複数の処理を実行する場合は、書式を複数行にわたって書き込んでください。
これは処理内容の違う場合でも可能で、一つのbatファイルで複数処理させる場合に効果的です。

1つ目の書式
2つ目の書式

連携処理

batファイルから他のbatファイルを呼び出して処理する方法です。
cdコマンドで対象フォルダへ移動し、callコマンドでbatファイルを呼び出して処理します。
呼び出し元のbatファイルとターゲットのbatファイルが同一フォルダにある場合はcallコマンドだけでかまいません。
複数のbatファイルを呼び出す場合は次の行に続けて記述しますが、フォルダが異なる場合は常にcdコマンドで移動先を指定してください。

  1. 対象のフォルダへ移動:cd "ターゲットのbatファイルがあるフォルダのパス"
  2. 対象のbatファイルを呼び出す:call "ターゲットのbatファイルのパス"
オンラインPC館
TOPページテクニックPC → 処理系のbatファイル