ポータブルテクニック

ポータブルテクニック

ポータブルテクニック

ポータブルソフトを活用したテクニック情報です。
ポータブルソフトはインストール不要で利用可能な非インストール型のソフトで、最近ではほとんどのソフトがポータブルに対応しています。
ポータブルの利点はどこでも同じソフトが使え、システム復旧の際にも簡単にソフト環境を復元できる点にあります。
ポータブルソフト1
ポータブルソフト2
ポータブルサイト
ポータブルSCSS
USBメモリ

ポータブルソフトテクニック

ソフトのポータブル化

通常のソフトでも設定を行う事でポータブル化が可能なものもあります。

  1. ポータブルソフト:フォルダごと→USBメモリ
  2. 設定変更でポータブル化できるソフト:設定を行う→フォルダごと→USBメモリ
  3. ポータブル化できないソフト:Cameyoでポータブル化
  4. 注意点:PCにデータを残すものもあります。

ポータブルソフトのデータ保存場所

ポータブルソフトは利用するPCにデータを残さないのが一般的ですが、ソフトによってはデータを残すものもあるので注意してください。

ポータブルソフトの関連付け

ポータブルソフトはシステムの関連付けができない場合もありますが、以下のようなソフトを利用すると実現できるようです。
また、他のプログラムから呼び出すような関連付けは、各ソフトの設定で可能な場合があります。
関連付けソフト

PortableApps版のポータブルソフト

PortableApps版ポータブルソフトのアップデート方法

PortableAppsのソフトはインストール先に前バージョンのフォルダを指定する事で、設定を引き継いだアップデートが可能です。
PortableAppsのソフトは手動で単に上書きコピーしただけでは設定が引き継がれない場合もあるので注意してください。

インストール先に前バージョンのフォルダを指定→インストール

PortableApps版ポータブルソフトのスプラッシュ画面

PortableApps.comのポータブルソフトは起動時にスプラッシュ画面が表示されますが、これを非表示にする方法です。
ただし、ソフトによってはこの方法が利用できないものもあります。

  1. 「ポータブルソフトのフォルダ\Other\Source\AppNamePortable.ini」をコピーし、実行ファイルと同じ場所に貼り付ける
  2. 貼り付けたファイルのファイル名を「アプリケーション名Portable.ini」に変更する
  3. アプリケーション名Portable.ini」をエディタで開き、「DisableSplashScreen」を「true」に変更する
オンラインPC館
トップページテクニックPC → ポータブルテクニック