メニュー設定

スタート画面

スタート画面の表示項目

スタート画面に表示する項目は設定する事ができます。
スタート画面カスタマイズソフト

スタート→設定→パーソナル設定→スタート→スタート画面に表示するフォルダーを選ぶ

スタート画面のピン留め

スタート画面の右側にはタイル状で表示されるアプリ領域があります。
スタート画面にアプリをピン留めすると、この領域に表示される仕組みです。
また、不要なら全て削除する事もできます。

デスクトップアイコン(右クリック)→スタート画面にピン留めする

スタート画面のスリム化

スタート画面はマウスでサイズを調節する事が出来ます。

右側のピン留めを全て削除→スタート画面を縦横に小さく調節

右クリックメニュー

右クリックメニューにコマンドプロンプトを追加する方法

右クリックメニューにコマンドプロンプトを追加する方法です。

  1. スタート(右クリック)→ファイル名を指定して実行→regedit
  2. HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\Background\shell\cmd
  3. 「Extended」を削除

右クリックメニューの送るのカスタマイズ

右クリックメニューにある「送る」の場所は、以下のSendToフォルダです。
中のショートカットアイコンは削除や追加も可能なので、自分の好みにカスタマイズしてください。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\SendTo

タスクバーの右クリックメニューを無効化する方法

タスクバーを右クリックした際に表示されるメニューを無効化する方法です。
これによりタスクトレイアイコンの右クリック時にメニューの二重表示が防止されます。
ただし、タスクマネージャーをタスクバーから起動できなくなるので、タスクマネージャーのショートカットを作成する必要があります。

  1. スタート(右クリック)→ファイル名を指定して実行→regedit
  2. HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer
  3. DWORD値で「NoTrayContextMenu」を作成し、値を「1」に変更
  4. 「C:\Windows\System32\Taskmgr.exe」からショートカットファイルを作成

右クリックテクニック

右クリックメニューのテクニック情報です。
右クリックテクニック

オンラインPC館
トップページテクニックPC → メニュー設定