ハードウェア高速化

パーツ交換

スペックアップ(PCの買い替え)

様々な設定の変更やソフトを利用する事でも高速化は可能ですが、金銭的に余裕があるならPCの買い替えが一番効果的です。
スペックがワンランク上がっただけでも様々な処理が高速化されるため、全体の快適度が一気に上昇します。
また、最近では比較的安価でハイスペックPCが購入できるので、手間のかかるパーツ交換より安く済む場合があります。
PC購入方法

パーツ強化(パーツの交換)

デスクトップでは処理性能の向上を目的としたパーツ強化が良く行われます。
基本的にはより高性能なパーツと入れ替えると言うものですが、メインパーツだけでなくサブパーツを強化する事も重要です。
また、これらのパーツには機能面での相性などもあり、特定仕様のパーツ同士なら性能をフルに発揮できる場合があります。
PCパーツ
28GB/sオーバーのデータ伝送を8枚のM.2タイプSSDを使ってAMDのRyzen Threadripper環境で実現

  1. CPU:CPUの処理速度を上げる
  2. メモリ:メモリの容量や処理速度を上げる
  3. HDD:HDDの容量や処理速度を上げる
  4. GPU:GPUの処理速度を上げる
  5. 電源:電力供給量を増やす
  6. ファン:冷却性能を上げる

パーツ別高速化

HDD高速化

PC内に内蔵されているHDDをSSDに換装する事で高速化する方法です。
この方法はかなり古いPCでも可能ですが、大抵はPCが保証対象外になります。
また、システムデータはイメージバックアップソフトのクローンなどを利用すれば簡単に移行する事ができます。
システムバックアップソフト
SSDでWindows 8システムを高速化する
SSDを最高のパフォーマンスで利用するためにパーティションを調整しよう
SSDのメリットを最大限にするための基本5ポイント+α

USB高速化

現在USB規格の中でも最速の転送速度を誇るのがUSB3.0です。
PCを買い替える際はこのUSB3.0端子があると便利に利用できますが、周辺機器もUSB3.0に対応したものでなければその恩賜は得られません。
つまりPCと周辺機器の双方がUSB3.0に対応した環境が必要になります。

オンラインPC館
トップページテクニックPC → ハードウェア高速化