Webブラウザ技術の情報です。

Web標準技術

Web標準

Web標準とはWebの標準規格の事で、Webサイト制作時にはこれに準拠して作る事が望ましいとされています。
Web標準とは
W3Cとは
Web制作サービス

Web言語

Webサイトを製作するプログラミング言語にはHTMLやCSSなどがあります。
これらのWeb言語もバージョンアップによって徐々に強化されています。
現在の主要Web言語「HTML5、XHTML5、CSS3」
Web言語技術
HTML5対応状況

ブラウジング技術

レンダリングエンジン

現在の主要ブラウザはいずれも異なるレンダリングエンジンを利用しています。
本来はどのブラウザでチェックをしても同じように表示されるのが理想ですが、中々難しいようです。
なお、現在主流のエンジンはBlinkで、Chromeをはじめ多くのブラウザが採用しています。
現在の主要レンダリングエンジン「Blink、Trident、Gecko、EdgeHTML」
Blinkとは
Tridentとは
Geckoとは
Servoとは
Mozilla、次世代Webエンジン「Project Quantum」を発表
Mozilla、次世代ブラウザエンジンServoのビルドを初公開
Microsoft、「Edge」のJavaScriptエンジン「Chakra」をオープンソース化へ
ここに来てMozillaの存在意義, WebKitに乗り換えないことの意味
OperaがWebKit+V8エンジンに移行することを発表、18年の歴史に幕
Apple、Google、FacebookらがWeb標準リソースプロジェクト「WebPlatform.org」で結集

WebAssembly

WebAssemblyは主要ブラウザブランドが開発したWeb向けのバイナリフォーマットです。
すでにChromeには実装されており、FirefoxやEdgeも今後対応して行くようです。
JavaScriptを補完するウェブの未来「WebAssembly」をFirefoxとEdgeもサポートすることに
JavaScriptを補完してウェブを高速化する「WebAssembly」をChromeがついに実装したので実行速度を試してみた
ハイパフォーマンスなWebを実現するasm.js/WebAssemblyとは Mozillaのルーク・ワグナー氏に聞く
Google、Microsoft、Mozilla他が協力して、ウェブ用新バイナリーフォーマットWebAssemblyを公開

オンラインPC館
TOPページ情報ITテクノロジー → Webブラウジング技術