データ記憶技術

データ記憶技術

データ記憶技術

データを記憶するための技術です。
データを記憶するための記憶装置としては現在HDDやメモリなどがあります。
HDDは低価格と大容量と言う点でPCではしばらく主流だと思いますが、最終的にはメモリ関連の記憶装置に移り変わると思われます。
メモリは今でもUSBメモリやSSDなどで知られる通り非常に速度性に優れる他、多くのメリットがあります。
このメモリ型の記憶装置はいくつか問題も抱えていますが、最近ではこれらを改善するための研究も進んでいるようです。
代表的なデータ記憶技術「HDD、メモリ」など
記録技術
人類の記憶を塩の岩盤の中に保存する壮大な計画「Memory Of Mankind」では、個人の記憶も保存が可能
VHSビデオデッキ、ついに生産終了 「続けて」の声殺到、大切なビデオどうする?
3億年のデータ保存が可能 石英ガラスに100層記録、容量BD並みに
次世代ストレージ、10個の注目技術
「スプーン1杯で1TB」液体による情報保存技術
ソニー、世界最高の面記録密度の磁気テープ技術を開発……従来比約74倍
遠くない未来の技術:原子だけで作った映画はストレージ技術をどう進化させるか?
数億年のデータ保存に耐えるデジタルアーカイブを実現
光の減速・静止に成功、英サリー大研究、光データ記憶技術強化に期待

DNAのデータ記憶技術

DNAに膨大なデータを保存する記憶技術です。
この記憶技術はHDDやフラッシュメモリを上回るもので、今後の新しい記憶技術として注目を注目ています。
米研究者、フランス映画をDNAに保存することに成功
ハードディスクを上回る超大容量・低維持コストで全世界データの保存も可能な「DNAストレージ」とは?
DNAがハードディスクになったなら
Microsoftが1グラムのDNAに10億テラバイト=1ゼタバイトものデータを保存する「DNAメモリ」技術に出資

オンラインPC館
トップページ情報ITテクノロジー → データ記憶技術