データ管理技術

データ管理技術

データ管理技術

データを安全で効率良く管理するための技術です。
一般的なデータ管理方法としてはデータを外付けにバックアップして利用するのが主流です。
さらに企業ではより安全性と効率性が求められるため、本格的な管理システムが導入されているようです。
また、効率的にデータ管理を行う方法としては古くからRAIDが有名ですが、最近では企業だけでなく一般の人でも利用者が増えています。
なお、データ管理ではデータが多ければその分のメディア容量が必要ですが、企業ではそれに加えて処理速度も重要になります。
このため最近ではデータを分散してメモリに保存するインメモリ・データ管理技術を活用している所もあるようです。
最新技術で効率化!今どきバックアップ入門
日本で暗号化ビジネスを展開する意味 ペンタCTO

  1. 大容量データ:外付けHDD
  2. 小容量データ:USBメモリ

ビッグデータ管理技術

ビッグデータは検索エンジンやソーシャルサイトが持つ大規模な巨大データ群の事です。
最近ではこうしたビッグデータの活用も行われ始めています。
ビッグデータとは
ヤフー、高次元データの高速検索技術「NGT」をオープンソース化 企業に“眠る”ビッグデータを分析しやすく
KDDI研究所、世界初のアルゴリズムで安全性評価が可能な匿名加工情報作成ツール開発
ビッグデータ利用における欧州での個人データ匿名化技術
顔写真1000万件から特定人物を8.31秒で発見 東芝、ビッグデータの高速照合技術を開発
Yahoo!が年齢・性別・居住地域など13TB超の巨大データを機械学習用に無償提供開始
ビッグデータ、日本企業の活用は6%だけ
三井住友銀行、ビッグデータ分析で“お客さまの声”に素早く対応
米国で進むビッグデータの相互運用性の標準化とセキュリティ
NTT、新たなパーソナルデータ匿名化システムを開発……ビッグデータ分析に活用
暗号化したままでデータ分析、ビッグデータ向け秘匿分析 日立製作所が開発

様々なデータ管理技術

ファイルシステム

ファイルシステムは記憶装置内のデータを管理するためのファイル形式の事です。
WindowsではFAT、NTFS、exFATなどの種類があり、それぞれ異なる特徴を持っています。
FATはブートディスク以外には利用用途がなく、exFATはブートディスクとしては利用できません。
最も無難なものがNTFSですが、Windows 8からLFSがバージョンアップしているため、使い方によってはファイル消失などのトラブルが起こる可能性があります。
ファイルシステムとは
GVfsとは
Microsoft、巨大なGitリポジトリを扱う仮想ファイルシステム「GVFS」を発表
windows10でNTFSフォーマットのLFSシステム更新に関して
NTFSとReFSの違い
MacとWindowsで外付けHDDを共有するなら「exFAT」フォーマットが最強!

  1. FAT:2TB以上のドライブや4GB以上のファイルは扱えない
  2. NTFS:MACでは書き込みできない、Windows 8以前と以降ではNTFSのバージョンが異なる(互換性無し)
  3. exFAT:内蔵ドライブには利用できない、ブートディスクには対応しない
  4. ReFS:新しく実装されたファイル形式

インメモリ技術

インメモリ技術は様々なデータをメモリ上で利用する方法です。
従来のHDDを利用した方法は処理性能が低速ですが、メモリを利用する事で飛躍的な高速処理が可能になるとされています。
これは最近非常に注目されている技術で、今後多くの企業で採用され主流になるとも言われています。
“限界”を突破する技術、「インメモリデータグリッド」
インメモリ・コンピューティングって、何?
インメモリ・コンピューティングって、何?(その2)
データの読み出し時間が半分以下に ゆうちょ銀行がフラッシュストレージ導入で
「分析を最大で100倍高速化」、JBATがインメモリー技術採用の新製品

オンラインPC館
トップページ情報ITテクノロジー → データ管理技術