オーグメンテッドリアリティ技術

AR技術

AR(拡張現実)

オーグメンテッド・リアリティ(拡張現実)とはコンピュータを使って現実世界の知覚情報を拡張する技術です。
これは仮想の映像や音声を、出力先に対してリアルタイムで合成すると言うものです。
Webカメラの映像や音声を流して、そこに仮想の映像や音声を組み合わせ、現実世界と仮想世界を融合したような世界を作り出す事ができます。
代表的な拡張現実「Google Glass、ARToolKit、Kinect、Microsoft HoloLens」など
拡張現実技術とは
ARコンテンツ
AR開発ツール
いまさら聞けないAR(拡張現実)の基礎知識
ヘッドセットなしでAR(拡張現実)を体験できるスマートウォッチ「WatchThru」
ARが普及した未来、人は「仮想宝石」を借りるようになる
AR(拡張現実)技術で近未来をつくるエンジニアたち

ARの業務活用

ARを業務に活用したモデルです。
富士通、ARでモノづくりのミス防ぐシステムを開発
3次元ARで点検作業支援 機器に重ねて点検項目表示、結果は音声入力 三菱電機が開発

AR-HMD技術

AR-HMD

AR-HMDはAR専用のヘッドマウントディスプレイです。
AR-HMD
Google、現実現実HMD「Cardboard Plastic」発表 360度の現実を楽しめる
IntelもARヘッドセットを開発中?
素手で仮想物体を動かせるAR HMD「Meta 2」、949ドルで予約開始

オンラインPC館
トップページ情報ITテクノロジー → オーグメンテッドリアリティ技術