Webデザイン

Webデザイン

Webデザインの種類

Webデザインと言っても様々なスタイルがあります。
一般サイトではパフォーマンスを重視したシンプルなデザインが好まれており、ユーザビリティやSEOなどの点からも効果的とされています。
また、商用サイトは加工画像を多様した企業好みのデザインが多く、他にもセンスを重視したアーティスティックなデザインサイトなどもあります。
このようにデザインもそれぞれの用途に合わせて選択する事で、無駄のないコンテンツに適したサイトにする事ができます。
Webデザインサービス

  1. 一般サイト:パフォーマンスを重視したシンプルなデザイン
  2. 商用サイト:加工画像を多様したPR重視のデザイン
  3. デザインサイト:デザインセンスを重視したアーティスティックなデザイン

Webデザインの重要度

フリーランスなどのサイト制作業務においては、企業が求める要素としてデザインや画像加工スキルが必要です。
しかし、本来のWebサイトではデザインの重要度は低く、それ以上にコンテンツやユーザビリティに比重を置く事が重要になります。
これは多くのユーザーがデザインでサイトを選択しておらず、検索エンジンもデザインをまったく重要視していないためです。
ユーザーであっても検索エンジンであっても重視しているのはコンテンツであり、その足を引っ張らないような見やすくて軽いサイトが好まれます。
ただし、手抜きの簡素なサイトとシンプルなデザインのサイトとは意味が違うので、デザインがまったく不要と言うわけではありません。
UIデザイン

コンテンツ、ユーザビリティ>デザイン

Webデザインの流行

デザインにも流行があり、以前ではリッチなサイトが主流でした。
しかし、最近では比較的シンプルなサイトが主流となっており、その代わりにCSSやJavaScriptを利用したグラフィック効果が多様されています。
フラットデザインとは
マテリアルデザインとは

Webデザインのポイント

Webデザインのポイント

デザインを考える際はいくつものパターンを作っては消しの繰り返しになると思いますが、デザインで重要な部分はバランスにあるように感じます。
色、形、大きさなど全体を通して全てのバランスを考えて組み上げて行けば、誰が見てもそこそこ見栄えの良い物になります。
それほど凝ったデザインでなくても、不自然さがないので非常に無難で見やすいサイトになると思います。

Web UIのポイント

サイトのデザインにおいて最も重要だと思われるのがユーザーインターフェースです。
メニュー、ボタン、リンクなど様々な要素がありますが、いずれも使用感の追求が全てとなります。
また、サイト全体の表示速度やシンプルなメニュー構成は、こうしたUIにプラス効果があります。
見た目のデザインばかりに囚われると、肝心のUIが悪くなり全体の操作性の低下を招くので注意してください。
UI開発技術

Webカラーのポイント

サイトのデザインを作る時に大変なのが色の合わせ方です。
色を決める際は使用する素材があるなら、その素材の中で使われている色を抽出すると比較的バランスの良い色の組み合わせができると思います。
また、素材にあまり色が使用されていないようなら、カラーバランスの良さそうなサイトや画像を見つけてそこから抽出すると言う方法もあります。

オンラインPC館
トップページテクニックネット → Webデザイン