Webサイトの基本情報です。

Webサイトのスタイル

Webサイトの種類

Webサイトには動的サイトと静的サイトの2種類があります。
HTMLやCSSなどのテキストベースのサイトは静的サイト、CMSやCGIなどのプログラムを利用するサイトは動的サイトと呼ばれています。
プログラムを利用しているので動的サイトの方が利便性は高いですが、静的サイトと比べて安全性が低下すると言われています。
静的ページとは
動的ページとは
今再び注目が集まっている静的サイト生成という技術について考えてみた

コーディングスタイル

Googleではリンク先に書かれているようなコーディングスタイルを推奨していますが、全体的に見てシンプルな構造が良いようです。
また、現在のGoogleは市場に合わせてモバイルを重視しているため、今後はモバイルへの対応が重要な要素になるかもしれません。
「Google HTML/CSS Style Guide」を適当に和訳してみた
Googleはなぜモバイルに力を入れるのか?これからのWebパフォーマンスで注力すべきポイント

言語のバージョンアップ

Web言語のバージョンも徐々に更新されて変化して行きます。
古いバージョンの言語で作成したサイトであれば、新しいバージョンの言語によって修正が可能になります。
特に昔のバージョンでは複雑なコードになっていたものが、新しいバージョンではシンプルに作れるのでそのあたりを改善するだけでも大幅に変わります。
ただし、一度作成したコードを見直して修正するのは、結構大変な作業になります。
Tumblr、PHP 5からPHP 7への移行で性能が大幅向上

Webサイトの制作技術

フロントエンドとバックエンド

サイト制作時のフロントエンドはHTML、CSS、JavaScriptなどのブラウザサイドの技術で、バックエンドはPHP、CGIなどのサーバーサイドの技術です。
一般的なWebサイトはこれらの技術を用いて作成する事になります。
フロントエンドとは
バックエンドとは

コーディングとデザイン

コーディングはパズルに似ているので、謎さえ解ければ意外と簡単に解決できます。
主にミスや仕様と言ったものが障壁となりますが、コードの読み返しやネットで調べると解決する事もあります。
対してデザインはバランスやセンスなどが壁となりますが、納得のいくものができないといつまでも良い物が出来上がらない状態に陥ります。
デザインの場合は優れたツールの活用や他のデザインを参考にする事で、こうした難関を突破できる事もあるようです。
大多数の人はこのどちらかのタイプに分かれるので、得て不得手はできるかもしれません。

Webプログラミング

Webシステムの制作にはWebプログラミングが必要不可欠ですが、その際に利用されるのがScript言語です。
中でもサイト制作ではPHPとJavaScriptが主流ですが、この2つは言語の特性が異なります。
どちらも覚えた方がスキルの幅は広がりますが、最初に覚えるのは恐らくPHPで良いと思います。
これはサイトシステムの多くがPHPで作られており、WordPressを利用する際もPHPの知識が必要になるためです。
JavaScriptではちょっとした動作を簡単に実現する事ができますが、ある程度まではCSSでも対応させる事ができます。
なお、最近はJavaScriptとjQueryの組み合わせが多いので、JavaScriptを習得する場合はjQueryも合わせてマスターしておくと便利です。
PHPとは
JavaScriptとは
jQueryとは
Webプログラミングサービス
javascript とphpの目的の違いについて教えてください

オンラインPC館
TOPページテクニックネット → Webサイトの基本