Web広告の問題点

Web広告の問題点

Web広告の問題点

Web広告も情報の一つなのでいくらクリックしてほしくても、有益な情報でなければ誰も興味を持ってはくれません。
また、デザインやリソース消費に影響するため、訪問者に対してデメリットが多いのも問題となっているようです。
特にWeb広告が簡単にブロックできる現在では、品質や安全性に配慮した邪魔にならない広告を提供する事が求められています。
有益な広告であればブロックする人は減少し、より効果的な宣伝システムになると思われます。
行動ターゲティング広告とは
Google検索で他社よりもGoogle製品の広告が優先的に表示されていたことが調査により判明
電通、インターネット広告の不適切業務「96社・1億1482万円」…調査結果を公表
電通がネット広告で不適切な処理を行っていたと発表
米最高裁、グーグル広告掲載めぐり集団訴訟手続き認める
何百万人ものユーザーが広告まみれのページを強制表示されていることがGoogleの研究で判明
もはや広告は限界?テレビCMやネット広告は効果減退 動画制作やユーザーとのコラボに活路
Google、ディスプレイ広告の56%以上が表示すらされないという調査結果
ポップアップ広告の開発者が謝罪を表明、気になる開発経緯や理由とは?

不正クリック

Web広告ではボットを利用した不正クリックも多く、大きな問題になっているようです。
「GoogleやFacebookの広告から来るトラフィックの9割は役に立たない」とあるサイトが分析結果を公表
動画広告を1日3億回再生して約6億円を稼ぐロシア発のハッカーの新型攻撃「Methbot」とは
ネット広告のクリック数のうち88~98%はボットによるものだと判明
ネット上における動画広告の視聴数のうち23%はボットによる再生だったことが判明

悪質広告

Web広告の中には悪質な広告やマルウェアなどの危険な広告も多数存在しています。
悪質広告
マルウェア広告

Web広告の低下

Web広告の低下に関する情報です。
「広告を売ってもお金にならない」とウェブメディアのCEOが苦境を吐露&従業員の3分の1を解雇
ネット広告のアドテクは、もう死んでいる

オンラインPC館
トップページテクニックネット → Web広告の問題点