Domain

ドメインの効果

ドメインの重要性

ドメインを導入するとサーバーは単なる入れ物になります。
どこのサーバーを使ってもよく、移転も簡単でリダイレクトも不要になります。
これはサイトだけでなくメールでも同じで、利用するサーバーを何度変えてもドメインは変更する事無く使い続ける事ができます。
ドメイン情報

URLの固定化

サイトを本格的に運用する場合はドメインを取得すると便利です。
ドメインは維持費に料金がかかりますが、少額なのでさほど負担にはならないと思います。
独自ドメインのメリットはいくつかあるようですが、最も大きいのはURLが固定される事です。
これによりサイトをどのサーバーに移転しても、アクセス数を維持し続ける事ができます。
独自ドメインとは
ドメイン名とは
ダイナミックDNSとは
ドメインサービス
Googleと同じDNSが使えて機能満載の独自ドメイン登録サービス「Google Domains」開始へ

メールアドレスの固定化

サーバーが対応していれば、取得したドメインをメールアドレスにも利用する事ができます。
メリットは上記と同じでサーバーを変更してもメールアドレスを変更する必要がなく、常に同じアドレスを利用する事ができます。

ドメインの使用方法

ドメイン名の選択

最初に取得するドメインの種類を選択しますが、これらには特徴があります。
comは「商用」、jpは「日本」、netは「ネットワーク」を意味するもので、ドメイン名を選択する際の基準になっています。
また、日本語のドメイン名も用意されています。
ドメイン名用語辞典
ドメイン名情報

ドメインの登録

ドメインの登録時や移行時に必要なのがネームサーバーの登録です。
ドメインの管理サイトに自分が使用しているサーバーのネームサーバーを登録する事で、対象のドメインにサイトを表示できるようになります。
つまりサーバーをどれだけ変更しても、このネームサーバーを登録さえすればいつでも簡単に移行する事ができます。
DNSサーバとは

FTPでファイルを新サーバーにアップロード→ドメイン管理サイトにネームサーバーを登録→しばらく時間を置いて旧サーバーのデータを削除
※ この順番ならサイトの移転時に404表示を出さずにノンストップで移行する事ができます。

Whois情報の公開代行

ドメイン取得の代行業者によっては、Whois情報の公開代行を無料で行っている場合があります。
ドメインを取得すると取得者の個人情報が公開されますが、これを利用すると代行業者の情報しか公開されないのでプライバシーを保護する事ができます。

ドメイン名の変更

ドメインを変更した場合はリダイレクトによって、旧ドメインのURLから新ドメインのURLに転送する必要があります。
この方法を一定期間行うため、どうしても旧ドメインと新ドメインの両方を保持しておく必要があります。
また、リダイレクトを使用しても完全に全てのサイトパワーを回復させる事は難しいとされており、多くのリスクを伴う事になります。
しかし、ドメインを所有する事のメリットの方が多いため、ある程度の成長したサイトならばいずれは必要となります。

ドメインのトラブル対策

ドメイン利用時の注意点

特定のネットワークなどでドメインを利用する際には、DNSにおける「名前衝突」と呼ばれるセキュリティリスクがあるようです。
また、最近は「ドメイン名ハイジャック」と呼ばれるドメインの乗っ取りが多発しているので注意してください。
ドメイン名ハイジャック
新gTLD大量出現で「名前衝突」しそうなドメイン名とは
内部システムで利用しているドメイン名にご注意!~名前衝突(Name Collision)問題の周知と対策実施のお願い~

疑似ドメイン名による妨害行為

疑似ドメイン名を使用して妨害行為を行う者もいるようです。
こうした場合にはドメイン名紛争処理による解決が可能です。
ドメイン名紛争処理方針(DRP)
第三者に疑似ドメイン名を取られた 「偽ドメイン」奪取の一部始終、JPCERT/CCが公開

マルチドメインのデメリット

マルチドメインに対応したサーバーなら1つのサーバーで複数のドメインを管理する事ができます。
しかし、SEOを考慮する場合は1サーバーに対して1ドメインで運用する方が効果的とされています。
HPでサーバーを借りる時のマルチドメインのメリットとデメリットは、何ですか?

その他のドメイントラブル

その他のドメイントラブル情報です。
無線LANルーターメーカーがドメイン更新を怠り新しい持ち主から2億5000万円を要求される

オンラインPC館