デスクワークに最適な運動対策です。

トレーニングポイント

トレーニングのポイント

トレーニングのポイントは力を入れつつ呼吸は止めないと言う方法で行います。
また、疲労を感じる場合は控えるなど、無理をせず長い期間継続する事が重要です。

  1. トレーニング方法:力を抜かずに、呼吸しながら行ってください。
  2. ポイント:必ず予定通り行う必要はなく、体調に合わせて無理せず継続する事が重要です。

トレーニングの継続方法

トレーニングは無理なく継続する事が重要ですが、長く続けるのは中々大変なイメージがあると思います。
トレーニングを行う場合はいきなり全部やる必要はなく、できる事だけをできる時だけやるくらいで良いと思います。
例え1種類のトレーニングでも継続して行えば必ずプラスになるので、0か10で判断せずに+1でもやる事に意味があります。

トレーニングの期間

トレーニングを行う場合は基本的に体が凝ってきたくらいのタイミングで、必要な種目を1セットずつ行います。
また、体質が変化する期間は3ヶ月と言われているので、その期間をトレーニングの1期間として行います。

  1. 1クール:3ヶ月(体質変化までの期間です。)
  2. 1セット:運動回数や運動時間の限界値まで(きつくなったら終了です。)
  3. トレーニング日:週3日~週6日(2日に1回でも毎日でも可能ですが、最低でも週一回は完全休息日が必要です。)

トレーニングメニュー

座りトレーニング

イスに座ったままできる筋力トレーニングです。
デスクワークの運動不足に最適で、1時間に1回くらいの小休憩のタイミングで手軽に行う事ができます。
また、背筋を伸ばして行うため、姿勢矯正の効果もあります。

注意点:背筋を伸ばして行う、呼吸は止めない、1回の時間はきつくなるまで、無理せず軽く行う、毎日継続的に行う

  1. 腹筋:背筋を伸ばして指でお腹を押さえながら力を入れて静止する
  2. 胸筋:背筋を伸ばして机を手の平で少し押した状態で静止する
  3. 背筋:背筋を伸ばして机を指で掴んで少し引っ張った状態で静止する
  4. 視筋:背筋を伸ばして窓から遠くの景色を眺めて静止する(近眼対策)

座りストレッチ

イスに座ったままできるストレッチです。
上記の筋トレの後に行うと効果的で、肩こり、腰痛、目の疲れなどにも効果があります。

指で額を押すようにもみほぐす

オンラインPC館
TOPページ情報IT → 運動対策