通信回線

通信回線

通信回線

通信回線にはFTTH(光)と無線LANがあります。
無線LANは安全性や安定性が悪いため、利用用途によってはまだ有線の方が良いようです。
また、最近では光回線の使用料もかなり安くなってきました。
光回線にはギャランティ型(専用回線)とベストエフォート型(共有回線)がありますが、一般的に利用されているのはベストエフォート型です。
こちらは周囲の人と共同で使用する品質保証の無い回線タイプで理論値と実速が異なります。
つまり一般的に100Mコースであっても、実際に100Mまで出る事はまずありません。
これに対してギャランティ型は主に企業などで利用されるもので、高額の代わりに品質が保証されているタイプです。
なお、速度に関しては光では100Mが主流でしたが、最近では値下げにより1Gに移行されつつあります。
有線回線では「電力系、NTTフレッツ」、無線回線では「UQ WIMAX」が人気です。
ベストエフォート型とは
ギャランティ型とは
通信サービス
ADSL事実上の“終了宣言” 大手通信、300万ユーザー乗り換え争奪戦
低迷ぶり「想像以上」 「フレッツ光」凋落、身動き取れぬNTT 法規制が足かせ、許さぬ「新電電」

プロバイダ

インターネットを利用する際には通信回線と共にプロバイダとの契約が必要になります。
プロバイダから割り振られるIPアドレスには、接続する度に変化する「動的IP」と、常に固定された「固定IP」があります。
大抵のプロバイダでは動的IPが与えられますが、IPの固定化が必要な場合は固定IPを選択する事もできます。
また、フレッツなどは通信回線とプロバイダが別々になっているので、プロバイダは好きな所を選択する事ができます。
これに対して電力系の通信会社では通信回線とプロバイダが統合されているため、他のプロバイダを選択する事はできません。
このため価格的にはどうしてもNTTの方が割高になるようです。
プロバイダは「電力系、OCN」などが評判が良いようです。
プロバイダとは
通信サービス
プロバイダ料金比較
「OCN」が6月1日から速度制限を実施へ
ブロードバンド回線契約数、1億件を超える……2015年度中にはモバイルのみで大台も

有線回線

有線回線

有線回線はその安定性から一般の通信回線として定着している方式です。
無線と違って常に安定した通信が可能ですが、モバイルで活用できないと言う限界があります。
通信技術

FTTH

有線通信で一般的に普及しているのがFTTH(光回線)です。
最近では1Gや2Gと言った高速通信も可能となっており、比較的安価に安定した通信が利用できるようになっています。
ケイ・オプティコム、上下最大10Gbpsの家庭向けインターネット接続を試験提供へ
通信速度10倍の次世代高速インターネットをau SHINJUKUで体感!

NURO光

NURO光はSo-netのFTTHサービスです。
現在最速となる10Gの光回線サービスを提供しています。
NURO光とは
NURO 光の悪い評判をまとめました
『NURO 光』、10ギガサービスの提供開始について
最大2Gbpsの光サービス「NURO 光」1周年……加入者順調に推移
世界最速、下り最大2Gbpsの実力は? So-net「NURO 光」を導入する

オンラインPC館
トップページ情報コンピュータ → 通信回線