メインパーツ

メインパーツ

CPU

CPUはコンピュータの様々な処理を行うための処理装置です。
CPUの性能を知るための要素としては、クロック周波数やキャッシュ、コア数などが影響します。
最近のCPUはマルチコアが主流ですが、キャッシュも2次キャッシュや3次キャッシュと増えつつあります。
また、最近のマルチコアCPUでは、ハイパースレッディングによって仮想的にプロセッサ数を増やす機能があります。
さらにCore i5とCore i7にはターボ・ブースト・テクノロジーが備わっており、非常に効率的にCPUパワーを利用する事ができるようになっています。
メーカーは「Intel」が評判が良いようです。
インテルのプロセッサー・ナンバーとは
Intelプロセッサー・ナンバー一覧表
Broadwellマイクロアーキテクチャとは
ハイパースレッディングとは
「ターボ・ブースト・テクノロジー」とは
Core i7、Core i5を理解する:ターボ・ブースト・テクノロジー
PCパーツ機器
中国・兆芯が新たなx86互換CPUを開発、IntelやAMDのCPUに匹敵する性能?
Intelの半額以下で同等以上の性能のAMD「Ryzen 7」が正式に発表される
Intelが第7世代Coreプロセッサ「Kaby Lake」を発表
最大10コアで20万円超えのIntel最新プロセッサ「Broadwell-E」の実力は?ベンチマークテストの結果はこんな感じ
Amazonが自社向けに開発を進めてきた独自のプロセッサを販売
サーバーなどに使用されてきた業務用超高性能プロセッサ「Intel Xeon」を初めてノートPCに搭載することをIntelが発表
ロシア製クアッドコアCPU「Elbrus-4C」が一般向けに販売を開始
MIT、大規模マルチコアCPUの効率を向上させるデータ構造を開発
ついにボタン型コンピュータ「Curie」が登場 2015年のIntelは何を目指すのか
Intelが“iPhone 5sのA7”と同じ64ビットSoC「Quark」を発表 マイコン市場を脅かすか?

i3<i5<i7

メモリ

メモリはデータを一時的に記憶しておくための主記憶装置です。
利用するデータ量が多いとこのメモリの消費量も増えますが、不足するとHDDを利用するため低速になります。
つまり利用するデータ量が多いほど、このメモリの容量もそれに合わせて必要になります。
最近はデュアルチャンネルやトリプルチャンネルが主流で、複数の同一メモリを利用して処理の高速化とPCへの負担軽減が可能になっています。
また、OSも32ビット版では3G程度しかメモリを認識できないため、最近はほとんどのメーカーが64ビット版を採用しています。
なお、メモリには内蔵型と外付け型があり、内蔵型は電源を切ると保存データは消えますが、外付け型は電源を切ってもデータが残ります。
メーカーは内蔵メモリでは「CFD、Transcend、BUFFALO」など、USBメモリでは「Transcend、Silicon Power」などが評判が良いようです。
メモリとは
デュアルチャネルとは
トリプルチャンネルとは
キャッシュメモリとは
ディスクキャッシュとは
メモリ技術
PCパーツ機器
DDR4メモリー最速のDDR4-3000対応モデルが登場、即完売

DDR<DDR2<DDR3<DDR4<DDR5

ドライブ

ドライブにはHDDやSSDなどがあります。
HDDはPCのデータを保存するための補助記憶装置で、メモリと違って電源を切っても保存したデータは残ります。
また、HDDはデータを入れておくタンクですが、容量だけでなく速度も重要です。
HDDの場合は特に回転数が速度に影響しますが、高速回転ほど発熱や騒音も大きくなります。
このHDDにも内蔵型と外付け型があり、用途に合わせて使い分けると便利です。
なお、最近ではメモリを利用したSSDと呼ばれる高速ドライブが好評です。
メーカーは内蔵HDDでは「Western Digital、SEAGATE」など、外付けHDDでは「BUFFALO、I-O DATA」など、SSDでは「Transcend、Silicon Power、CFD」などが評判が良いようです。
HDDとは
SSDとは
SSD使いこなし術
ストレージ技術
PCパーツ機器

5400回転<7200回転<SSD

オンラインPC館
トップページ情報コンピュータ → メインパーツ