ターゲット攻撃

ターゲットアタック

ターゲットアタック(標的型攻撃)

ターゲットアタックは特定のターゲットに対して、ある目的のために行うサイバー攻撃の事です。
この攻撃の特性はターゲット端末に侵入して様々な活動を行う点で、いわゆるハッキングを利用したサイバー攻撃になります。
基本的には情報収集を目的とする事が多いですが、時にはシステムの破壊やウイルスの利用など様々な攻撃が可能です。
また、いたずらや脅しではなく確固たる目的を持っているため、多くの場合は発見が困難な高度な技術を駆使して行われます。
標的型攻撃とは
APT攻撃とは
サイバーインテリジェンスとは
IBM、「2015年は世界で標的型攻撃にシフト」と分析 AIの本格活用も
ランサムウェアに標的型攻撃化の兆し、脆弱な企業システムは蜜の味?
2016年は標的型攻撃の検出がもっと困難に Kaspersky
ECサイトを騙った標的型攻撃「Retefe」、日本で急増
日本企業を襲う標的型攻撃に新たな動き
ウイルス感染は防げない? 標的型攻撃対策での落とし穴
国内から多数の不正通信、標的型攻撃で注意喚起
標的型攻撃は続いている 急ぐべき対応策は?
相次ぐサイバー攻撃被害 考え直したいセキュリティ対策
企業への標的型攻撃、31カ月続くケースも
標的型攻撃対策が困難に ファイアウォールやSIEMを逃れる手口も
新手の標的型メール、検出回避にWordの正規機能を悪用
標的型サイバー攻撃の痕跡を調べるサービス、トレンドマイクロが提供
「やり取り型」サイバー攻撃が、さらに巧妙化……国内5組織で新たに確認
未知の脆弱性を悪用した標的型攻撃を確実に防御するファイア・アイのテクノロジ
警察庁、2013年中に把握した標的型メール攻撃は492件
標的型サイバー攻撃は日本が突出して多い FireEyeが新たな対抗策
「ウイルス配布サイトは使い捨て」 標的型攻撃の実態

スピアフィッシング(標的型メール攻撃)

スピアフィッシングは特定のターゲットに対して行われるフィッシング攻撃です。
これはいわゆるフィッシング詐欺の手口を利用したサイバー攻撃で、重要データや個人情報の収集を目的としています。
また、スピアフィッシングの特徴は非常に巧妙な偽装を行ってターゲットを騙す点にあります。
スピアフィッシングとは
標的型メールとは
「スピア型攻撃」最新記事一覧
ウィンドウズへの攻撃、ロシア系ハッカーが関与=マイクロソフト
IPA確認の標的型メールは1年半ぶり100件超、「攻撃者X」の活動再び?
標的型メールは8人に1人が開封、「開くな」対策に効果なし
“ふだんと違う不審メール”を高精度に検知、富士通が新技術開発
「標的型攻撃メール対応訓練実施キット」を教育機関向けに無償提供
「子供でもウイルス作れる」標的型メールの脅威、どう防ぐ? 本番さながら“抜き打ち”訓練も
メールサービスのパスワード再発行の仕組みを悪用した詐欺に注意、シマンテックが警告
「標的型メールは防げない」 年金機構の情報流出から学ぶべきこと、トレンドマイクロが公開
年金情報流出から得られる教訓は ラックが文書公開 「標的型攻撃の対策は、従来のウイルス対策と全く逆」
ウイルス入り「標的型攻撃メール」どう見分ける? 「高度な“だまし”のテクニック」、IPAが対策指南
メールによるサイバー攻撃の危険性、運輸や通信、エネルギー、卸売で高まる
サイバー攻撃の手口、IT関係者のなりすましメールが増加
株価左右のインサイダー情報狙う集団、上場企業100社のメールに不正侵入

オンラインPC館
トップページ情報ブラック情報 → ターゲット攻撃