目的別マルウェア

目的別マルウェア

スパイウェア(情報盗取型マルウェア)

スパイウェアは情報収集を目的とした悪質プログラムで、収集した情報を特定の場所に自動送信します。
ちなみにスパイウェアはウイルスとは異なり、増殖はしないと言われています。
スパイウェアとは
キーロガーとは
1.6万台ものPCに感染したスパイウェアを作成・販売した大学生が逮捕される。懲役10年の可能性も
政府機関や軍事産業を狙うマルウェアスパイ、日本など40カ国350組織に被害

ランサムウェア(身代金要求型マルウェア)

ターゲット端末のアクセスを制限し、制限解除のための身代金を要求すると言うタイプです。
また、中には暗号化を行って完全にデータを使えなくするようなものもあるため、日頃からのバックアップが重要な対策方法となっています。
ランサムウェアとは
危険なランサムウェア「CryptoLocker」とは
「ランサムウェア」最新記事一覧
ランサムウェア情報
ランサムウェアに身代金を払う企業は7割 IBMが米国実態を調査
ランサムウェア被害、身代金払ってデータ回収できた割合は?
ランサムウェア対策の注意点は?
不正送金マルウェア「Rovnix」に新手口、偽画面で追加情報を盗む
マルウェアを作成・販売していた男子生徒が逮捕される
FBIがデータを人質に取るサーバー犯罪の被害者に「身代金を支払うように」とアドバイス、カスペルスキーはこれに反論
ランサムウェアが世界で猛威、感染で1万ドルの被害も
脅迫するランサムウェア、日本や韓国への攻撃を本格始動
日本を狙う「身代金要求ウイルス」 ファイルロックで30万円請求
警察を装ったランサムウェアの主犯格を逮捕

標的型マルウェア(サイバー兵器)

標的型は特定のターゲットを攻撃するために開発された非常に高度なマルウェアで、サイバー兵器として活用されるほどの威力を持っています。
Duquとは
Stuxnetとは
米政府関与説の攻撃ツール、Juniperのファイアウォールも標的に
米NSA関与の集団から“サイバー兵器”が流出か ネットで競売に
新型マルウェア「Duqu 2.0」、攻撃にFoxconnの証明書を利用
Kaspersky Labの社内ネットワークに新型マルウェア「Duqu 2.0」が侵入
第2の「Stuxnet」がさらに進化、「Duqu 2.0」見つかる
「Stuxnet」マルウェアの最初の侵入先は5つ、感染手法に新たな疑問
システムを起動不能にする破壊的なマルウェア出現、標的型攻撃の発生か
核施設を狙ったサイバー攻撃『Stuxnet』の全貌
Stuxnet級の高度なマルウェア出現、サイバー兵器に使用か
新しいタイプの攻撃「Stuxnet(スタックスネット)」って何だ?

オンラインPC館
トップページ情報ブラック情報 → 目的別マルウェア