ソーシャル攻撃の被害

ソーシャル攻撃の被害

精神の弱体化

ソーシャル攻撃において最もダメージを受ける可能性が高いのが精神面です。
これはソーシャル攻撃が様々な攻撃によってターゲットの精神を衰弱させる場合が多く、足跡が残りづらいためです。
このために法律で対処できない場合が多く、解決したとしても驚くほど時間や労力を失う可能性があります。

生活への支障

こうしたトラブルが解決に至らない場合は、長期間にわたって継続する可能性があります。
当然ながら生活にまで支障をきたす可能性があり、ストレスや疲労は高まると予想されます。
場合によっては生活自体が困難になり、学校や仕事も辞めなくてはならなくなるかもしれません。

信用の失墜

ソーシャル攻撃では情報の真偽を問わず様々な情報が拡散される場合があります。
プライベートで本人が公にしたくない情報さえも攻撃の材料とされ、屈辱的な扱いや周囲から変人、病人などとして扱われるように仕向けるようです。
また、例え被害者であってもその周辺で頻繁にトラブルが多発すれば、トラブルメーカーとして注目されます。
場合によっては無実の罪を背負わされたりと、間違った情報であっても拡散させる事で事実確認を困難にするようです。

社会への不信

こうした攻撃を受ければ、当然ながらその国や社会に対する不信感が増大します。
最悪の場合は病気や自ら命を絶つ人、生活や仕事ができなくなるなど人生そのものが危機にさらされる事に繋がります。
これはまったく対処法がない事が最も大きな理由で、まさに現代社会の闇そのものと言えます。

オンラインPC館
トップページ情報ブラック情報 → ソーシャル攻撃の被害