ネット攻撃

ネット攻撃

攻撃の種類

現在のインターネットでは大きく分けて2種類の攻撃方法が存在します。
1つはネット上で可能な様々な技術を利用したサイバー攻撃、もう1つは人的ネットワークによるソーシャル攻撃です。
この2つは異なるタイプの攻撃ですが、いずれもセキュリティにおいては重要なものだと思われます。
サイバーセキュリティ
ソーシャルセキュリティ

攻撃の容易さ

ネットのセキュリティが難しい理由の一つに攻撃の容易さがあります。
子供でも少し調べれば簡単に攻撃が可能になりますが、それを防ぐ技術は困難な場合が多いようです。
特に最近の攻撃は複雑化や集団化する傾向にあるため、益々セキュリティが難しくなっています。

ネット攻撃の性質

攻撃のステルス化

端末内に侵入されてもそれに気付かない事があります。
攻撃を察知するためには何らかの方法で確認が必要ですが、一般の人ではそこまでのスキルはないと思います。
そうした場合はセキュリティソフトに頼りますが、これが不完全であれば検知できません。
場合によっては長期間潜伏に気付けず、気付いた時には手遅れと言った事もあるようです。
また、仮に気付いたとしても素人では手に負えない場合もあるので、個人レベルの対策が益々困難となっています。

攻撃のターゲット化

現在の攻撃ではターゲットに対して様々な視点から集中的に攻撃を行う手法が増えています。
こうした攻撃に対して企業や個人は無力な場合があり、多くの場合は陥落する事になります。
こうした狙いすましたピンポイント攻撃に対しては、より強力で広範囲に及ぶセキュリティシステムが必要だと思われます。

攻撃のグループ化

ネット上で仲間と連携して攻撃を行う手法も存在します。
これは特定のコミュニティやソーシャルグループが行う場合もあれば、組織化された集団による場合もあります。
特にソーシャル攻撃ではこうした集団による攻撃が多く、企業などにとっても大きな問題となっています。

オンラインPC館
トップページ情報ブラック情報 → ネット攻撃