集団のソーシャル攻撃

集団のソーシャル攻撃

盗聴

電話やインターネットなどの通信情報を盗むために盗聴を行う場合もありますが、狙うのは端末だけではありません。
サーバーやバックボーン(通信会社、電話会社)に仲間がいれば、そこから情報を盗む事も可能です。
こうして情報を奪い取られると、プライバシーだけでなく行動や生活などあらゆる情報を把握される危険性があります。
情報の発信源
データ盗聴リスク

監視

ターゲットの所在が特定されていれば監視が可能です。
これはネットでも実生活でも可能で、ネットであれば盗聴やトラッキングによって通信の動きがわかります。
また、実生活では近隣住人の仲間が監視したり、いない場合は近所に住んでまでターゲットを監視すると言われています。

追跡

自宅まで特定されていれば、ターゲットの動きを追跡する事も可能です。
主に仲間同士が情報を使って連携する事で、ターゲットの追跡は容易となります。

生活環境への攻撃

侵入

ターゲットの情報を特定すると行動範囲の内輪部を攻める事ができますが、狙うのは主に生活の中心となる自宅への侵入です。
自宅に侵入されれば情報収集、機器設置、異物混入など、様々な事が行われる可能性があります。
防犯サービス
防犯用品

潜入

ターゲットの情報が特定されると狙われるのは自宅だけではありません。
会社も内部に仲間がいたり、いない場合は後から入社させて、様々な情報収集、嫌がらせ、妨害が可能となります。

嫌がらせによる攻撃

嫌がらせ

様々な嫌がらせ行為をターゲットに対して行います。
通常は対象がターゲットのみですが、場合によっては自宅や会社に対して行われる場合もあるようです。
ネットのソーシャル攻撃
実社会のソーシャル攻撃

仄めかし

仄めかしは態度や言葉で遠まわしに示す行為で、集団ストーキングで利用される典型的な攻撃方法です。
目的はターゲットが自分たちの監視下にある事を認識させ、困惑させるのが狙いのようです。
ほのめかすとは
仄めかし
集団ストーカーの「ほのめかし」とは

オンラインPC館
トップページ情報ブラック情報 → 集団のソーシャル攻撃