集団攻撃の実態に関する情報です。

集団攻撃の実態1

集団攻撃の実態

集団攻撃の実態は異常者の集まりで、まともな人間ならまずこうした事に参加はしません。
仮に金銭で依頼しているとしても、普通の人間なら承諾はしないはずです。
つまり犯罪歴がある者、精神的に異常な者、性格に問題のある者、思い通りにしようとする者など、社会不適合者と思われる者たちの集まりだと考えられます。
こうした問題は社会がその存在を認知し、対策を講じない限りは消える事はないと思われます。

集団攻撃の存在

集団攻撃と言ってもいじめ、企業ハラスメント、住民トラブル、組織犯罪、テロまで幅広く存在します。
特に多いのは反社会的組織による水面下での集団攻撃(集団ストーキング)が有名です。
場合によっては人生をダメにする者や自らの命を絶つ者さえいると言われています。
また、場合によっては事故に見せかけて抹殺されると言った陰謀的な話も出ています。
事実は謎ですがこうした被害情報が多いのは事実で、だとするならなぜ国が対応しないのか疑問です。

集団攻撃の実態3

集団攻撃の理由

集団攻撃の理由には様々なものが考えられますが、これはいじめなども同じです。
理由としては操作、目的、差別、愉快、洗脳など、個人的なものから組織的なものまで様々にあると思います。
場合によっては本人に問題がある可能性もありますが、大抵は真っ当な攻撃理由ではなく理不尽なものがほとんどです。

集団攻撃の目的

集団攻撃の目的は手を引かせる、追放する、苦しませる、辱める、潰すなど様々です。
また、集団が愉快的に行っている場合もあれば、集団を操作しているトップの人物が指示している場合も考えられます。
つまりは自分たちの思う通りに操作し、邪魔な存在や都合の悪い人間を排除しようとしているわけです。
いずれにしろその目的を達成するか、逮捕者が出るまでは手を引く事はないと思われます。

集団攻撃の方法

攻撃者は法の目を掻い潜った陰湿な攻撃を行う事が多いようです。
これは警察や弁護士が動けないようにするためと、周囲の人間に相談しても理解されなくするための巧妙な対策です。
大抵はこうした水面下で攻撃を受けるため、本人しか感じ取る事ができず精神的なダメージだけが蓄積されます。
また、場合によっては生活や行動の妨害なども行われますが、これも同様のやり口なので警察などに相談しても対応されない可能性が高いです。
こうした方法のみとは言えませんが、これらが集団攻撃の代表的な攻撃方法となっています。

集団攻撃の実態3

集団攻撃の場所

集団攻撃が行われるのはインターネット、学校や会社、自宅周辺、街中などあらゆる場所で狙われます。
また、地域はその集団の人脈が届く全てが対象となり、情報を共有して連携攻撃を可能にしているようです。
例えネットをやめても、どこに逃げても、どこまでもターゲットを狙い続けると言われています。

集団攻撃の期間

集団攻撃は比較的長期間継続される場合があり、長い場合は10年以上も一人の人間をターゲットにした嫌がらせが続きます。
警察が動けないような内容であっても攻撃であれば、精神的にはストレスになります。
さらにそれが長期間継続されれば、健康面や生活面への悪影響はかなりのものだと思います。

集団攻撃の規模

集団攻撃の場合は何らかの繋がりを持った組織の可能性もあります。
また、その繋がりの内容次第では、実に広範囲の分野に人脈が広がっている事もあります。
そうした圧倒的な状況であれば、ひとたび捕捉したターゲットを囲い込む事は比較的容易だと思われます。
さらに普段の生活や行動が情報から把握されていれば、ターゲットはよりはっきりとその集団に捉えられます。
こうなるとあらゆる場所で様々な人間がターゲットの精神面を攻撃できるため、本人にとっては非常に不利な状況となって八方塞がりになります。
当然ながら見えない攻撃のため、その攻撃を立証する事は難しいようです。

オンラインPC館
TOPページ情報ブラック情報 → 集団攻撃の実態