集団攻撃の特性

集団攻撃の特性1

組織化

相手が組織化された集団の場合はあらゆる面で不利な戦いを強いられます。
個人であっても優れた者ならいくらかの事には精通していたり、資源もある程度持っているかもしれません。
しかし、組織とは比べものにならないため、まともな方法で改善する事はかなり困難だと思われます。

不特定化

集団攻撃では情報収集や攻撃を不特定多数で行う事ができるため、攻撃者の特定は容易ではありません。
また、集団によっては非常に広範囲の人的ネットワーク網を活用する場合もあるため、簡単に包囲する事ができます。
包囲されると周囲のあらゆる場所に入り込んでいる仲間によって簡単に情報収集や攻撃が可能となります。
こうなると少々訴えてもただの病人扱いにされるため、非常に危険な状況になる可能性があります。

乱雑化

集団で攻撃を行う場合は、狙う側が必ず同じ人間とは限りません。
交代で様々な人間がターゲットに対して監視、追跡、嫌がらせなどを行います。
このあたりも警察が対応しづらい集団攻撃特有の問題点となっています。

集団攻撃の特性2

収益化

一般的に組織ぐるみでの攻撃の場合は、何らかの収益化システムを構築していると言われています。
でなければ人手や資金を使って長期間に渡って個人を攻撃する事はできないからです。
つまりはこうした事を生業とする専門組織が存在している事になります。

長期化

この手の攻撃が一度はじまると大抵は長期化するようです。
長期化するのは攻撃者が目的を達成していないか、被害者が解決に至っていないためで攻撃の継続が可能であるからです。
長期化を回避するには早期解決が最も重要ですが、そのためには主犯格が逮捕されるなどの状況にならないと難しいかもしれません。
特に警察対応などによってまったく解決の方向に行かなければ、当事者間に変化はないと思われます。

集団攻撃の特性3

孤立化

集団攻撃を受けると孤立化しやすくなります。
特にネットのソーシャル世界では不特定多数との交流を行いますが、こうしたソーシャル世界に紛れ込んでいる事もあります。
攻撃者側がこちらの情報を把握していれば狙い撃ちも可能となるため、非常に危険で無防備な状況と言えます。
こうなると周囲の人間に対して誰も信用できなくなるので、徐々に孤立化するようです。

正当化

攻撃する者たちは理由を作って正当化すると思いますが、大抵単なるこじつけです。
これは自分たちの罪悪感をなくすためのマインドコンロールの一種だと思われます。
その証拠に集団攻撃で逮捕された者は、自分たちの罪を認めない者が多い点からもわかります。

共通化

集団攻撃では攻撃方法がパターン化する場合があるようです。
恐らく何らかの人間が攻撃方法を指示して集団が実行しているか、マニュアル化して攻撃方法やターゲットリストを共有しているのかもしれません。
例えば嫌がらせを行うにしても、特定のキーワードや特定の攻撃方法に沿って行われます。
これは仄めかしに近いもので、何度も異なる人物から同様の行為を受けているとターゲットだけは不自然な点に気付くはずです。
内容が第三者視点で見てもわかるような具体性のある攻撃ではない場合、攻撃されていると言う状況説明も難しくなるようです。
こうした攻撃は情報を悪用した陰湿な嫌がらせの場合が多く、現在の社会では対応が難しいものと思われます。

オンラインPC館
トップページ情報ブラック情報 → 集団攻撃の特性