集団攻撃の弊害

集団攻撃の弊害1

集団攻撃の弊害

集団攻撃が他の攻撃と違う点は、周囲の人間が信じられなくなる点です。
全てが敵に見えてしまうため、それが国の機関や知人でも信用できなくなります。
こうして孤立させて、さらに不利な状況へと追い込むようです。

集団攻撃の証明

集団攻撃は明らかに犯罪行為に当たると思いますが、証拠を残さないため犯罪としての認知度は非常に低いようです。
これは学校のいじめも同様ですが、こうした攻撃は社会の脆弱性を突いた陰湿な攻撃方法です。
恐らく社会全体で高度な監視化が行われない限りは、発見や対応が難しいものと思われます。

集団攻撃の性質

集団攻撃はその性質から被害者が精神的な病気になりやすい傾向にあります。
最初から病気の人が妄想してる場合もあれば、こうした攻撃によって発症する場合も考えられます。
いずれにしろこの手の攻撃の場合は、証拠がないと単なる妄想としてしか扱われないものです。
特に本人自体が病気だと気付いてないケースが多いため、攻撃の証明や第三者による判断が非常に難しいものとなります。

集団攻撃の真偽

集団攻撃の被害者になると、攻撃と思い過ごしのどちらなのかを誤って判断してしまう時があります。
被害に遭っている事は事実でも、対応の悪い人が全て該当するわけではありません。
過度のクレームで変人だと思われたり、精神状態や考え方がおかしいとやはり正常な対話ができなくなる事もあり得ます。
こうした一種のコミュニケーション障害も、集団攻撃の弊害の一つと言えるかもしれません。

集団攻撃の弊害2

巨大集団の弊害

相手が巨大組織や大規模な集団である場合は、警察や弁護士がまともに対応しない可能性があります。
しかし、実際に証拠を確保できれば逮捕された事例も数多くある点から、必ずしも解決できないわけではないようです。
とは言え一般的な問題としてはかなり規模の大きなものとなるため、解決が困難で多くの場合は病気を併発するほどの被害を被る可能性があります。

攻撃性の増加

集団攻撃を受けると多くの場合は過剰に反応してしまい、自分自身が危険人物となってしまう可能性があります。
本来は被害者であるはずなのに、社会的に見れば実は頭のおかしい人間で周囲の人間にとっては迷惑な存在となるからです。
場合によっては被害者側が逮捕や病院送りにされた事例もあり、被害者側にとっても対応の仕方一つで非常に不利な状況になり得ます。
こうなると連中の思う壺なのでくれぐれも過剰な反応は慎み、自分が行う対策が迷惑行為とならないよう注意が必要です。

支援団体の不足

集団攻撃の被害事例は結構な数のようですが、これだけ多い問題なのに支援や協力する団体があまりないようです。
国自体もこうした問題への窓口を持っていないため、実際に被害に遭っても警察や弁護士くらいしか相談できないようです。
しかし、警察も弁護士もこの手のトラブルでは対応が難しいため、結局どこからも支援は得られない可能性があります。

情報盗用の認識

第三者による情報盗用を認識するのは、何らかの共通点から比較的容易な事です。
普通ならターゲットの情報は重要な目的のために使うため、相手に悟られないようにします。
しかし、集団攻撃ではわざと認識できるような攻撃を行いますが、これは情報が盗まれていても証拠がなければどうにもできない事を知っているためです。
この際に使う攻撃手法がグレーゾーン攻撃で、違法性が薄く犯罪行為として判断しづらいような手法を使ってきます。

オンラインPC館
トップページ情報ブラック → 集団攻撃の弊害