ブラックビジネス

ブラックビジネス

Webビジネスの実態

Webビジネスをやっている人の話を聞くと大抵は高額報酬を稼いでいると言いますが、これは大半が嘘です。
確かにアフィリなどでかなりの額を稼いでいる人もいるのは確かですが、ネットでも相当に有名な人物で一般レベルにはまずいません。
こうした手法は相手を騙して誘い込むための一種の勧誘テクニックであり、悪質で低級なビジネス手法の1つです。
そういう人たちは揃ってブログやソーシャルサイトのURLをアピールしていますが、データをチェックすればまったく評価されていない事がわかります。
本当に高額報酬を獲得しているなら、間違っても素人レベルのサイトは運営していません。
仮にもWebビジネスをやっている者が運用しているなら、ビジネス仕様のサイトでそれなりの評価を得ています。
また、広告と言うのは興味のある人がたまにクリックしてくれる程度なので、実際にはそれほど稼げるものではありません。
Webビジネスにも様々なテクニックがありますが、基本的にはアクセス数がなければ収益は増加しない仕組みになっています。
つまり広告などを利用して広告としての効果以上を求める場合は、どうしても人を騙すような手法や誘導しかありません。
ですから、この手の話は鵜呑みにしないようにしてください。
アフィリエイト収入「月3万円以上」は2.4%、8割が「1000円未満」

情報商材の実態

情報商材にも色々ありますが、その多くは誰でも知っているような当たり前の事しか書かれていません。
中には本当に有益な情報もあるかもしれませんが、大半はお金を払うほどの価値はありません。
特に購入してみないと中身のわからないものは、比較的中身の薄いものが多いのでくれぐれも騙されないように注意してください。
なお、ビジネスをはじめる上で最初に行うべき事は、自分自身で検索エンジンを利用した情報収集です。
無料でも十分に効果的な情報はあるので、不透明な情報にお金を払うよりも無料でも確かな情報を見つけ出す事が最善だと思われます。

簡単ビジネスの実態

よく簡単に高額報酬を稼げると言う話を聞きますが、そんな話はまずありません。
どんなビジネスでも簡単に稼げるようなものはなく、みな水面下でそれなりの努力をしています。
つまり簡単に稼げると言う事は不正な方法か単なる嘘で、いずれにしろ真っ当な方法ではありません。
また、こうした方法と言うのは非常に寿命が短く悪質なため、トラブルに発展したり閉鎖するケースも多いようです。
このように何かを求める人は詐欺師まがいの人間にとっては格好の鴨なので、うまい話には耳を貸さない方が賢明です。
「ニートの俺が1000万超えw」ステマで釣る「バイナリー投資」の罠 トラブル急増の現実

悪質ビジネスサイトの手口

誘導勧誘の手口

ネットサービスの中には他の人を入会させると報酬が発生するシステムもあります。
また、紹介後もその人が得た収益の何割かが入るため、継続的な収益が見込めます。
企業もそれによって利用者が増えるので、全体的に儲かると言う仕組みのようです。
しかし、こうした方法を普通に紹介しても誰も入らないので、上記のような高額報酬の話で誘い込むわけです。
普通の人はその方法を知りたいと思うので、後は紹介するだけで簡単に入会させる事ができると言う一種の詐欺に近い手法です。
この手の手法を見分ける手段としては見えないものは信じない事です。

成果情報の手口

たまに口座情報やアクセス数を成果の証明画像として貼っているサイトがあります。
特に多いのがアフィリ系のサイトですが、こうしたものの多くは加工されています。
いかにも成功しているように見せるためのカラクリなので、くれぐれもこうした偽情報に騙されないようにしてください。

オンラインPC館
トップページ情報ブラック → ブラックビジネス